ポケトークSとWの違いは?新機能や口コミ評判を全力でまとめてみた

通訳機・翻訳機

通訳機の中でもソースネクストの「ポケトーク」がとっても人気がありますよね。

そんな大人気メーカーから、2019年12月6日に「ポケトークS」が新発売されました。

「でも、ポケトークSとポケトークWってどんな違いがあるの?」

と気になりますよね~。

そこでこのぺージでは、ポケトークSに新しく搭載された新機能から、ポケトークWとの違いを比較、さらに口コミや評判まで全力でまとめてみました!!

これから購入を考えてるという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

 

\さっそく気になるあなたはこちらをどうぞ/

 

ポケトークSに追加された最新の機能とは

まずは、最新モデルの『ポケトークS』に新しく搭載された機能からチェックしていきたいと思います。

●カメラ翻訳
●AI英会話レッスン
●現地単位換算
●現地時間を自動取得
●メダル機能
●国旗から言語を探す

こういった機能が最新のポケトークSに搭載されているのです!

それぞれもう少し具体的にチェックしていきましょう。

 

ポケトークSの6つの新機能

1:カメラ翻訳

これまでのモデルと大きく違うのが、カメラが搭載されたということです。

内蔵のカメラで文字を移すだけで、55もの言語を自動で翻訳することができ、そのうちの41言語については元言語にて発音することもできるのです。

 

私的にこれが一番使えると思ってる機能で、レストランなどで文字が読めないときもポケトークSのカメラで撮影すれば翻訳できるので、メニューがわからず注文してしまうような心配もなくなりますからね。

海外に行くときには文字が読めないのが一番怖かったりするので、この新機能は安心して旅行や出張に使うことができると思います。

 

2:AI英会話レッスン

従来モデルの「ポケトークW」の時は発音のレッスンしか行うことができませんでした。

ところが、ポケトークSにはAIが搭載されているので、人工知能があなたの話し相手になってくれることで、旅行先でよく使う実践的な会話の練習をすることができるようになったのです!

 

ちなみに、会話練習は旅行を中心にした6つのシーンと36のレッスンでリアルタイムな会話練習をすることができます。

【空港/機内】
・両替や機内食の注文、入国審査など【ホテル】
・チェックインやアウトから、体調不良や鍵をなくしてしまったときなど。

【移動】
・道を尋ねたり、電車たバス、タクシーになる場合など。

【観光】
・チケット購入やツアーの申し込み、写真の撮影を頼むなど。

【レストラン】
・注文やお会計、注文内容との違いなど。

【ショッピング】
・値段を尋ねたり、商品を探したり、支払いや試着など。

このようなシーン別に練習することができるので、語学勉強にもぴったりですね。

 

3:現地単位換算

お買い物をするときにも便利な単位変換という機能も搭載しています。

変換することができるのは以下の4種類です。

●為替
●長さ
●重さ
●温度

これらの単位は、海外にいるときには、本体右上のアイコンをタップすることで、今いる地域で使われてる通貨や単位に自動で切り替えることができます。

 

とくに為替についてが「日本円だとこれっていくらくらいかな?」というときもすぐに計算することができるので、高いのか安いのか迷うこともありません。

為替は、円・ドル・ポンド・元・ペソなど約160種類の通貨を双方向に換算することが可能です。

これがあればお金の計算も楽ちんですね♪

 

4:現地時間を自動取得

この機能は名前のママで、今いる国の時間を自動で取得してくれる機能です。

GPSが搭載されたことで、海外に行ったときも現地時間を表示してくれる便器機能です。

 

5:メダル機能

ポケトークSをもっと楽しく使ってもらうために搭載されたのが「メダル機能」だそうです。

「訪問国・翻訳回数・翻訳言語・Wi-Fi接続・アップデータ」など、様々な情報がポケトークWに自動で記録されていくようになっています。

そして、一定の達成条件をクリアすることでメダルが表示されます。

訪問した国はマップにも表示されるので、ゲーム感覚で使う楽しさがあるということです。

 

6:国旗から言語を探す

海外に旅行してるときはもちろん、最近は日本への外国人旅行者も増えてるということもあるので、どこで外国語が必要になるかわかりませんよね。

しかも、「英語以外だったらさっぱり…」という方にうれしい機能が、国旗から言語を探すこともできるのです。

外国人の方に自分の国旗を選んでもらえばオッケーなので、いざというときにも活躍すること確実ですね。

 

ポケトークSとポケトークWの違いを徹底比較!

ここからは、ポケトークSとポケトークWにはどんな違いがあるのかについてもわかりやすく表にしてまとめてみました。

ポケトークS ポケトークW
本体サイズ(約) ・幅:53.8㎜
・厚さ:11.5㎜
・高さ:91.6㎜
・幅:59.8㎜
・厚さ:15.8㎜
・高さ:110㎜
重さ(約) 75g 100g
ティスプレイ ・2.8inch
・解像度640×480px
・2.4inch
・解像度320×240px
充電時間 約105分 約135分
連続待受け・翻訳時間 ・待受:60時間
・翻訳:270分
・待受:240時間
・翻訳:420分
価格 29,800円(税抜) 19,800円(税抜)

本体サイズはコンパクトになりながらも、ディスプレイは大きく見やすくなってるというのが大きな特徴ですね。

 

だけれど、すべての面でパワーアップしているというわけではありませんでした。

連続待受け時間と翻訳時間がかなり少なくなってしまっていますからね。

機能を増やしてしまったことで、今まで以上にバッテリーの消耗が増加してしまったということでしょう。

とはいえフル充電しておけば、2.5日は持ちますので、ほとんどの方は問題なく使用できるかと思います。

 

ポケトークSの口コミと評判

ここからは、ポケトークSを実際に購入して使ってみた方のリアルな口コミや評判についても見ていきましょう。

今回も、良い・悪い口コミレビューで分けてみました。

 

ポケトークSの悪い口コミと評判は

●使う国の通信環境にもよると思うが、中国で使ってみたら、日本語から中国語に翻訳したテキストの表示と音声が流れるのに数秒ほどの待機時間があった。

●現地の人が使ってるスマホ翻訳アプリとでは少し反応が遅く感じた。

●使えないことはないけれど、日本ほどの速度が出ないのが残念。

まだ発売されたばかりにもかかわらず、さっそく海外で使われてる方のレビューもありました。

海外の地域によっては速度が日本で試した時よりも若干落ちてしまうということもあるようですね。

 

取扱説明書をチェックすてみると、通信環境により5秒ほどかかる場合もあるということです。

ただ、今回の調べでは「全く使うことができない」というような声はありませんでしたので、やはりあるのとないのでは大きな差があると思います。

 

ポケトークSの良い口コミと評判は

●翻訳アプリとは違って騒がしいところでも使えるし、スマホを知らない人に預けなくて済むという安心感もある。

●操作もとても簡単で楽しく使える。

●フランスの方と仕事の関係でやり取りすることがあるのですが、その際も日本語⇒フランス語、フランス語⇒日本語もバッチリで大感激しました。

●翻訳速度が気になるところもあったけど、事前に音声入力してレジで再生することでストレスなくスムーズに使えた。

●洋書までとてもきれいに翻訳することができたのは驚きました。

●カメラ翻訳機能は本当に撮影するだけでよいので予想以上に便利に使えた。

●まだ海外では使ってないけれど、国内では長文もサクサク翻訳することができるので素晴らしいと思う。

このように高く評価してる口コミのほうが多かったです。

長文もスムーズに翻訳できるというのはとても便利ですよね。

 

そして、一番気になるカメラ翻訳機能についても、その利便性を実感されてる方も♪

撮影するだけで簡単にできるところも魅力的ですよね。

 

ポケトークSの通販販売店情報!

大人気の通訳機『ポケトークS』は、ソースネクストから購入することができます。

また、楽天やAmazonなどでも取り扱いがありますよ^^

 

楽天でお探しの方はこちら

Amazonでお探しの方はこちら

>>ポケトークS(Amazon)

Yahoo!ショッピングでお探しの方はこちら

>>ポケトークS(ヤフーショッピング)

 

まとめ

今回は、大人気のポケトークSとWの違いや新機能、そして実際に使ってみた口コミやレビューなどをまとめてみました。

稼働時間は短くなってしまったものの、カメラ翻訳や長文もしっかり翻訳することができるし、AI搭載で英会話レッスンまでできるというのはかなり魅力的だと思います。

語学勉強から旅行や出張まで、1台あればいろいろと安心して使えそうですね^^