ディンプレックス電気暖炉ファンヒーターリッツ2とタイニーの違い!口コミや電気代も

暖房家電

魔女に言われたい夜で紹介のディンプレックス電気暖炉ファンヒーター『リッツ2』と『タイニー』の違いと実際に使ってみた口コミや電気代などをまとめてみました!

まるで本物の暖炉みたいなおしゃれなデザインの暖房家電で、インテリアにも馴染むのはうれしいですね。

家事やヤケドの心配もないLEDでも、本物の炎のように揺らめきを再現してる本格派で、世界中の有名ホテルやレストランなどでも採用されてるほどです。

このページでは、「リッツ2」と「タイニー」の違いをまず解説しながら、それぞれの特徴や口コミ、電気代と通販販売店と価格についてご紹介します。

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーターリッツ2とタイニーの違いを比較

魔女に言われたい夜では、どちらも期間限定でお得な価格で購入できるからこそ、同時に紹介されてしまうとどっちにしようか迷ってしまいますよね。

そこでまずは、それぞれの仕様についてわかりやすく表にしてみました。

リッツ2 タイニー
サイズ(約) 幅51㎝
奥行き34㎝
高さ60㎝
幅35㎝
奥行き22㎝
高さ42.2㎝
重さ(約) 17㎏ 6.2㎏
コード長さ 約1.5m 約1.5m
暖房目安 3~8畳 3~8畳
消費電力 605/1200W 604/1200W
強さ設定 2段階 2段階
リモコン あり
(赤外線方式)
なし
通常価格 税込43,780円 税込17,380円

 

「リッツ2」と「タイニー」の大きな違いは、サイズ感と重さですね。

タイニーのほうがコンパクトなので置き場所にも困りにくく、重さも約6キロほどなので女性でも移動もしやすいというメリットがあります。

 

逆にリッツ2は本体サイズが大きく重さもあって安定感がある分、事前にしっかりと設置予定の場所を決めておかないと苦労しそうですね。

 

電源コードの長さや消費電力、暖房の目安などについては基本的にはほぼおなじでしたので、サイズ感で選ぶのが良さそうですね。

 

\リッツ2を詳しく見てみる/

 

\タイニーを詳しく見てみる/

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーターリッツ2とは?

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーターリッツ2の特徴を簡単にまとめてみました。

✅ 温風で足元が暖かい
✅ 30分刻みのオフタイマー機能あり
✅ リモコン操作もできる
✅ サイズが大きい本格仕様

 

価格も高いリッツ2は、サイズが大きく安定感がありますが、それだけに不規則に揺れるリアルな炎を楽しむことができるのがポイントです。

リモコン操作をすることができるのもこのモデルになります。

30分刻みのオフタイマー設定もできるので、電源の切り忘れの心配もありません。

 

リッチ2の口コミやメリットデメリット

これまで使用していたカーボンヒーターと比較すると、こちらの製品は、本体の大きさ・重量に対し、温風の吹き出し口が小さく、部屋全体を温めるまでに時間がかかる。
ただ、設定温度に到達すると、自動で温風が止まるので、省エネでとても良いと思う。

出典元:ディノスレビュー

こちらはまだ口コミが少なかったのですが、設定温度になると自動で温風が止まるということですから、暖めすぎることがないし、節電効果も高そうですね。

インテリアとしても高く評価されているので、夏場でも観葉植物などを上に置いたりすれば片付けたりする必要もなくなるので、重さの欠点も克服できますね!

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒータータイニーとは?

次に『ディンプレックス電気暖炉ファンヒータータイニー』の特徴をまとめていきます。

✅ コンパクトサイズで置き場所に困りにくい
✅ 温封で足元があたたかい
✅ 本体裏のスイッチから温風の強弱設定ができる

 

タイニーは、幅35㎝という最新モデルのコンパクトサイズになっているので、リビングはもちろん、子供の勉強部屋などでの足元を温める暖房としてもおすすめです。

リモコンがないので、操作は本体で直接行う必要があるけど、価格もその分お手軽になってるのは魅力ですね。

 

タイニーの口コミは?メリットデメリット

見た目もオシャレでインテリアとしても良いと思います。スイッチを入れると直ぐに暖かくなるので気に入っています。

出典:ディノスレビュー

 

小さいですが、静かですし、暖かいです。
メラメラとあがる炎の揺らぎがとても素敵です。
眺めるのも 落ち着きますね。

出典:ディノスレビュー

タイニーは、足元の冷え対策としてはとても人気で、スイッチを入れるとすぐに暖かい温風がでてくるというのは高く評価されていました。

 

ただ、タイマーなし・リモコンなしということに気がつかずに購入されてる方もいましたので、ここは間違えないようにしましょう。

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーターリッツ2とタイニーの電気代は?

どちらも2段階の強さ調整ができるのですが、消費電力はMAX1200Wと同じです。

そこで、強モードで1時間使った場合の電気料金についても調べてみました。

※1kWhあたり27円で計算してます。

✔ 1時間あたりの電気代は約32.4円

 

強いモードにしても電気代は他のファンヒーターと比べても大差ないですね。

ちなみに弱モードで使った場合は、605Wの消費電力なのでこちらも調べてみると、

✔ 1時間あたりの電気代は約16.3円

2段階調整ができるので、うまく強弱の切り替えをすることで、電気料金も下げることができますね。

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーター「リッツ2」のおすすめ販売店は?

まずは、ディンプレックス電気暖炉ヒーター「リッツ2」の通販販売店とその価格についてまとめていきます。

※すべて税込み価格です(2020年11月30日現在)

●いいものプレミアム:26,800円+送料1,500円
●ディノス楽天   :26,800円+送料1,500円
●Amazon※1   :32,494円+送料550円
●Yahoo!     :26,800円+送料1,500円
※1:Amazonは通常の「リッツ」になります。

 

※2020年12月9日までは、ディノス店では通常43780円(税込)を26800円(税込)のキャンペーン価格で購入できます。

今なら約1万6千円ほども安く購入できるので、ディノスがある楽天やYahoo!がポイントももらえてお得です。

\販売店でリッツ2を詳しく見てみる/

 

ディンプレックス電気暖炉ファンヒーター「タイニー」のおすすめ販売店は?

次に、コンパクトサイズの「タイニー」取扱店と価格についてもまとめていきます。

※すべて税込み価格です。(2020年11月30日現在)

●いいものプレミアム:13,800円+送料590円
●ディノス楽天   :13,800円+送料590円
●Amazon     :なし
●Yahoo!     :13,800円+送料590円

こちらも、ディノス系ショップでは12月9日までは期間限定価格になっていて、通常よりも約4,000円ほどですがお買い得ですね。

 

\タイニーを詳しく見てみる/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。