ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーを買ってみたので購入レビュー!口コミの真相も

PC・カメラ・スマホ家電

ずっと欲しかった後方カメラ付きのドライブレコーダー!

最近、ディノスの特番で紹介されていた『後方カメラ付きドライブレコーダー』は当ブログでも以前に記事にしていたのですが、どうしても欲しくなってしまい買ってみたので、このページで口コミの真相などについてもリアルにまとめてみます。

 

ドラレコの購入やディノスの製品に興味があるという方にも、購入前の参考になれば幸いです。

\通販サイトで詳しく見てみる/

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーを買った理由

わたしが、後ろカメラが付いたドライブレコーダーの購入をしようと思ったきっかけは、近所であおり運転があったという話を聞いたからです。

 

もちろん、すでに5000円くらいの前だけ録画できるものは取り付けていたのですが、画質も悪いし、後ろからのあおり運転には不向き・・・。

 

そこでディノスの特番を見て気になっていた後方カメラ付きドライブレコーダーに興味を持つようになっていろいろと調べていました。

その時の記事がコチラ⇩

 

特徴はもちろんですが、実際に購入された方のレビューを調べていても、

✔ 取り付けが簡単にできた
✔ 映像が鮮明
✔ 初期設定も必要なし!
※購入者個人の感想です

 

というように、不器用な私でもすぐに取り付けることができそうだし、なんといってもGPS機能付きで画像が鮮明というところに惹かれたのです。

カーショップで働く友人曰く、ドラレコにGPS機能は必須なんだそう

 

キレイに映像を残すことができれば、それだけしっかりと証拠として提出することもできそうですからね。

何より特番でお買い得価格だったということもあり、迷わずポチリと購入してみました。

 

最初に番組で紹介されたときにはあっという間に売り切れてしまったということでしたが、今回は在庫にも余裕があったのか、入金して2日後に到着しました!

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーの特徴

上記画像が、ドライブレコーダーをダンボール箱から出してみたときのものです。

右側の黄色い箱に入っているのが「カメラ本体」と「microSDカード」ですね。(想像してたよりもかなり小っちゃかったです。)

 

その他にも、取り付け用フックや取扱説明書のほか、録画中ステッカーも入ってました!

ステッカーは別に買おうと思っていたのでこれはラッキーでした♪

 

ただ、箱を開いて最初に思った感想は、「本体小さすぎない?」というものです(笑)

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーの取り付けや使用感は?

さっそく古くなったドライブレコーダーを取り外して、新しいものと交換してみました。

 

▼こちらは前方カメラを取り付けてみた実際の画像です。

電源はシガーソケットに差し込むだけで良いので、とっても簡単です。

 

ただ、配線するときに取り付け金具がセットになっていたのですが、両面テープタイプだったので、場所によってはすぐ取れてしまい、結局前・後のカメラを取り付けて配線が終わるまで、1時間近くもかかってしまいました・・・。

 

また、録画中の画面も撮影しようかと思ったのですが、思いっきり画面にGPSで位置情報などが出ていたもので紹介できません。

 

そして、ケーブルもかなりゆとりがある長さです。

電源アダプターのほうはそこまでではなかったのですが、後方カメラの接続ケーブルが約7mもあります。

 

わたしの車は普通車(ホンダ・フィット)ですが、それでも1m以上は残ってしまったので丸めて邪魔にならないように整理するのが少し手間に感じました。

長さが足りないよりは全然いいのですけどね。

 

ちなみに、もしこれから購入を考えてる方は、一気に取り付け作業に入るのではなく、まずは本体やコードなどをテープなどを使って仮止めしておくと作業が楽になるのでおすすめです。

わたしみたくズボラに取り付け始めると余計に時間がかかってしまう場合もありますからね。

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーを使った感想

以前使っていたものがミラー型のドライブレコーダーだったので、それと比べると、本体はかなり小さく感じます。

横幅6.5㎝しかありませんからね。

 

なので、運転中に邪魔に感じることもなく、快適に運転することができます。

 

でも画面も小さくGPS情報などはかなり見にくくなっています。

ただ、メモリーカードに保存されているのでパソコンの画面でチェックすることができるので、そこはあまり気になりません。

 

また、前方カメラと後方カメラの映像切り替えもボタン1つで簡単にできます。

赤枠で囲んでいる「DISP」という左上のボタンを1回押すと、後方カメラの映像に切り替えることができます。

どちらも200万画素という高性能なだけあって、旧ドラレコの100万画素とは比べ物にならないくらい鮮明です。

 

録画中に画面が消える・暗くなるのは故障ではない?

以前に口コミを調べてるときに「1分くらいすると画面が真っ暗になってしまう」というようなレビューを見かけたこともあります。

 

「もしかして故障・不良品?」と不安もあったのですが、実際に購入してみると、本当に画面が消えてしまいました!!

 

ですが、これは不良でも何でもありません。

初期設定で、起動してから操作がないまま1分ほど経過すると自動で画面が消えるように設定されているとのこと。

 

なので、ず~っと画面が消えないように設定変更をすればこの問題も解決できます。

設定変更の方法も簡単にまとめておきますので、購入後にお役立てください。

自動LCDオフを解除する方法

①電源が入った状態では、「OK」ボタンを押して録画を一時停止する

②「MENU」ボタンを1回押す。

③「MODE」ボタンを4回押して「一般設定メニュー」を表示。

④▼▲ボタンで「自動LCDオフ」を選び、「OK」ボタンを押す。

⑤「MENU」ボタンを押して、再び録画モードに

 

この手順で設定を変更しておけば、突然画面が暗くなることはなくなります。

わたしも何となく画面は映っているほうが安心感もあるので、設定を変更して画面はついたままにして使ってます。

 

\取扱店で詳しく見てみる/

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーを買って良かったメリット

実際に購入して取り付け・使ってみてわかった買って良かったと思えるポイントは4つあります。

 

1:取り付けは簡単だった

ドライブレコーダー自体の取り付けは思っていたよりも簡単でした。

不器用でズボラなわたしは、仮止めなどをすることなくいきなり配線し始めてしまったので、余計に時間がかかってしまいましたが(笑)

 

でも、しっかり準備しておけば20~30分くらいあれば前も後ろも十分取り付けできると思います。

電源もシガーソケットに取り付けるだけだし、特別な工事はなく、本体代金以外に取り付け工事費などがかからないというのも買って良かったところですね。

 

2:映像が鮮明な前後カメラ

ドライブレコーダーは画素数が高いものほど鮮明に録画することができます。

ディノスは、前後ともに200万画素というハイスペック使用です。

 

前方カメラは200万画素あっても、後方カメラは100万画素というものも多いので、この価格ではかなりのハイスペック商品です。

しかもLED信号にも対応しているので、信号の色もきちんと録画することができるというのもいざというときの安心感につながります。

 

3:GPS機能など便利機能も搭載してる

購入の決め手の1つになった「GPS」機能。

映像はもちろん、位置情報や時間なども同時に記録することができるのです。

 

さらに「衝撃感知システム」もあります。

これは、相手の車と接触などをしてしまった場合にその映像を自動で別フォルダーに保存してくれる機能です。

通常の録画だと、上書きされて消えてしまうのですが、この別フォルダーに保存された映像は消えることがありません。

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーのデメリット

実際に購入してみて改善してほしい、不便に感じるというところも3つまとめてみました。

 

ケーブルの長さと取り付け金具

これは、ディノスのレビューを見ていたので購入前から何となくは想像できていたのですが、やっぱり私も同じような意見になりました。

もちろん、車体の大きさは種類によっても異なるので、多くの車に取り付けられるようにするためにケーブルは長くするのは仕方がないと思います。

 

でも、長すぎるんです。

最終的には余ったコードをまとめてうまく整理しないと車内がちょっとダサい感じに。

 

また、固定クランプも両面テープなので、つける場所によってはすぐに取れてしまうこともあります。

今は冬なのでまだいいかもしれませんが、夏は暑さで粘着力が弱くならないかもちょっと不安があります。

この辺りは、今のうちに何か方法がないのか考えておこうと思います。

 

画面が小さいので見にくい

コンパクトタイプのドライブレコーダーなので仕方がないとはいえ、画面は思っていたよりもかなり小さく、GPS情報などはかなり見えにくいように感じますね。

実際の画面の大きさは「2インチ」です。

2インチ=5.08センチメートル。

というわけで、ドライブレコーダー本体の画面は思っていたよりも小さかったです。

 

ただ、何かあった時にはPCで映像をチェックすると思うので、そこまでではないですが、個人的にはもう少し大きめでも良いのでは?と感じました。

 

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーを購入したほうがいい人

使ってみて分かった欠点やデメリットもありますが、個人的には買って良かったと思います。

どんな方にこのディノスの後方カメラ付きドライブレコーダーがおすすめなのかというと、

✔ 前も後ろも録画できるドライブレコーダーを探している
✔ GPS機能付きで面倒な初期設定も不要なものがいい
✔ 工事不要で簡単に取り付けできたほうがいい
✔ ハイスペックなドラレコをお手頃価格で探している

 

このような方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

後方カメラ付きドライブレコーダーおすすめ販売店は

ディノス後方カメラ付きドライブレコーダーは、楽天などの通販サイトでも購入することができるので、価格情報などをまとめてみました。

※すべて税込み価格です。

●ディノス公式:15,800円+送料590円
●ディノス楽天:15,800円+送料590円
●Amazon   :なし
●Yahoo!  :15,800円+送料590円
※3月17日現在の価格です。

 

ディノス店では3月22日までの期間限定キャンペーン価格で、通常よりも6000円ほどお得!

わたしはポイントを貯めてた「ディノス楽天市場店」で購入しました。

\販売店で詳しく見てみる/

 

 

購入するときに迷った類似品はコレ

今回ディノスの後方カメラ付きドライブレコーダーを購入するときに迷った製品を2つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ドライブレコーダー 前後2カメラ コムテック HDR952GW

前方200万画素、後方100万画素の2カメラのドライブレコーダーで、2020年11月発売されたばかりだったモデルです。

6つの機能とエンジンoff後も設定した時間録画することができるというのは魅力です。

 

ただ、バックカメラが100万画素とディノスと比べると少なかったので今回は購入を控えました。

価格は、税込19,800円と、ディノスの特売が終わっていればもっと迷っていたかも。

 

\販売店で詳しく見てみる/

 

ドライブレコーダー M27

画面は3インチとディノスよりもちょっと大きくなっているので画面が見やすくなっているし、前後2つのカメラで録画できるのが特徴。

電源もシガーソケットで取り付けも簡単なうえに、バックするときには自動でバックカメラに画面が切り替わるので、後ろの状況がはっきり録画できるのがポイント。

 

高画質200万画素・駐車監視24時間・動体検知Gセンサーなど機能も充実!

メーカー希望小売価格は23,800円と、購入した時はディノスのほうが安かったので価格で諦めました。

 

\販売店で詳しく見てみる/

 

まとめ:後方カメラ付きドライブレコーダーは買って良かった!

ディノスの後方カメラ付きドライブレコーダーは、番組で紹介していたように映像はかなり鮮明だったのには驚きました。

取り付け自体も簡単で、工事などもないので車内を傷つけたりすることなく設置することができるというのも良かったです。

 

ただし配線ケーブルはゆとりのある長さなので、いきなり取り付けるのではなく、仮止めしてからのほうがおすすめですよ。

 

\通販販売店はコチラ/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

\ポシュレで紹介!360度対応ドライブレコーダーはこちら/