ホットアンドビューティーアイPROの口コミや使い方!期待できる効果は?【女神のマルシェ】

美容家電

女神のマルシェで10月30日に紹介された「ホットアンドビューティーアイPRO」のリアルな口コミや使い方から、期待できる効果や価格情報などをまとめてみました。

目元ケアに特化した「ホットアンドビューティーアイ」がさらにパワーアップしてPRO仕様になったことで、これ1台あれば目元とフェイスの2つのケアができるようになったのです。

 

美顔器の中でも2極型の珍しい美顔器なのですが、その効果は?

このページでは、特徴や旧モデルとの違いを比較しながら、期待できる効果やリアルな口コミや価格情報などをご紹介します。

 

\さっそく気になるあなたはこちらをどうぞ/

 

 

ホットアンドビューティーアイPROの特徴は?

まずは「ホットアンドビューティーアイPRO」の特徴をまとめてみました。

1、目元とフェイスラインに使える
2、ホット機能で温めケアができる
3、EMS機能搭載で肌を引き締める
4、スペシャルケアができる

それぞれの特徴をもっと具体的にご紹介します!

 

1、目元とフェイスラインに使える

美顔器では珍しい2極型を採用することで、目元とフェイスのケアがこれ1台でできるようになっているというのが大きなポイントです。

デリケートな目もとのケアには、3Dローラーヘッドでコロコロ転がすだけで家で手軽にケアすることができます。

 

ローラーが小さいので、狙ったところをピンポイントで狙えるというのもうれしいですね。

フェイス用は、顔にフィットしやすい斜めカット面の仕様になっているから、気になるフェイスラインのたるみケアに最適です。

 

2、ホット機能で温めケアができる

商品名にもあるように、ホット機能も搭載しています。

約42℃と熱すぎないほど良い暖かさであたためながら、微弱電流のローラーでケアすることができます。

温めることで血行もよくなるので、パソコンやスマホなどで疲れた目元のケアにもピッタリですね!

 

3、EMS機能搭載で肌を引き締める

リフトケアモードで使うときには、EMS機能が搭載されてるので、気になるフェイスラインや顔のたるみのケアをしたいときに重宝します。

電気刺激でお肌を刺激することで、引き締まったスッキリフェイスを目指すことができるのも魅力ですね。

 

4、スペシャルケアができる

目元専用のeyeモードでは、約42℃のホット機能で目元をあたためながら、ローラー・イオン導入・マイクロカレントという豪華なスペシャルケアをすることもできます。

 

ホットアンドビューティーアイPROで期待できる効果は?

目元は年齢が出やすいし、フェイスラインのたるみなども気になってきますよね。

ホットアンドビューティーアイPROは、珍しい2極型美顔器です。

目もと、フェイスとそれぞれ用途に合わせてピンポイントで狙い撃ちケアすることができるのです!

 

目元ケアで期待できる効果は

目元ケアをするときには、約42℃のホット機能で温めると同時に、微弱電流のローラーで目元をコロコロとするだけで簡単にケアすることができます。

スペシャルケアすることができるのですが、それぞれの機能には以下のような効果が期待できます。

マイクロカレント
⇒整体電流に近い微弱な電流で、肌を刺激することでトリートメント効果が期待できる!医療用としても使われていて細胞活性化の効果も期待できます。●ホット機能
⇒約42℃でお肌をあたためることで、血行を促進したりローラーのマッサージ効果をアップ!

イオン導入
⇒普段から使ってる美容液成分をお肌の奥まで浸透させることができます。症状に合わせた有効成分をイオン導入すれば、ニキビの改善や老化の原因とされる活性酸素の除去などの効果も期待できます。

というように、目のまわりが疲れやすいと感じるときなどにも最適ですね。

 

フェイスラインケアで期待できる効果は

フェイスモードは、サロンでも人気の「エレクトロポレーション」を搭載してるというのがポイントです。

これは、乾燥が気になる時期にはとくにおすすめのモードで、

手入れの後のお肌がもっちりしっとりする

という効果が期待できるのです。

さらにいるリフトケアモードを使うことで、フェイスラインや顔のたるみなどの気になる悩みのケアにも活躍してくれます。

 

フェイスラインモードでのポイントとなるのがこの2つの機能です。

EMS機能
⇒低周波の電気刺激をあたえることで、顔の筋肉を刺激して簡単に顔のエクササイズができる。筋肉を直接刺激することができるので即効性があるのも特徴です。●エレクトロポレーション
⇒エステサロンの特殊技術で、高分子の成分をお肌に注入する技術のこと。肌の細胞を傷つけることなくコラーゲンやヒアルロン酸などイオン化しない成分などをお肌の深層まで届ける効果が期待できます。

 

▼ホットアンドビューティーアイPROをチェックする▼

 

ホットアンドビューティーアイPROと旧モデルとの違いは?

ホットアンドビューティーアイPROの大きな違いは、最新モデルなら「フェイスライン」にも使うことができるようになったということです。

目元ケアでは、どちらも360度回転する3Dローリングボールを搭載しているほか、最高42℃のホット機能もあります。

イオン導入やマイクロカレントなどももちろん新旧タイプには搭載済みですからね。

 

ただ、PRO仕様になったことで、同時に1台でフェイスラインのお悩みにまでケアできるようになっているし、価格はどちらも税込11,000円でしたので、選ぶのなら最新モデルのほうがお得ですね。

旧モデルのリアルな口コミなどは下記記事でまとめています。

 

ホットアンドビューティーアイPROの使い方は?

ホットアンドビューティーアイPROの使い方についてもまとめてみました。

eyeモードの使い方

①目元を美容液やジェルで保湿する。

②本体の右側にある「ON/OFF」モードボタンを長押しする。

③ホット機能が立ち上がれば使用できる

 

フェイスモードの使い方

①顔全体に美容液やジェルを塗る

②本体右側の「ON/OFF」モードボタンを長押しして電源を入れる

③使いたいモードを選ぶ

④リフトケアモードのEMS出力は、3段階から選ぶことができます。

⑤電極ヘッドを顔全体にあてていく。

⑥トリート面戸完了後に電源をオフにして、ボールや電極ヘッドについた美容液やジェルをふき取る

 

使い方については、この後に紹介する口コミでも「簡単だった」という声が多かったので、すぐに慣れると思います。

 

ホットアンドビューティーアイPROの口コミと評判は?

ここからは、実際に購入して使ってみた方のリアルな口コミを集めてみました。

 

イマイチな評価の口コミは

●サイズもお手頃ですが、私はすぐに効果が実感できなかった。娘はフェイスラインが上がってるので年代によっては時間が必要かも。
●1週間ほど使ってみたけど期待していたような効果はなかったのが残念です。

 

高評価な口コミは

●肌が老化しているので毎日使ってます。使用した後のお肌は別人みたいですが、長持ちしてくれない。使い続けていれば維持もできるかと期待してる(60代女性)
●購入して1か月ほどです。3日に1回のペースで使用しているけど、明らかに表情も肌質も変わってきてるし、軽くて使いやすいので便利です。(女性)
●今まで使ってきた美顔器の中でいちばんのお気に入りです。価格もお手頃ですが倍以上のものよりも効果を実感していて、下まぶたや顎まわりに重点的に使ってる。(女性)
●使うと目のまわりが暖まるのでとっても気持ちがよいです。(30代女性)
●ほうれい線が気になるので購入しました。試しにリフトケアモードを使ってみたところ、確かに頬が上がっているのに驚きました。しかもジェルも指定もないので普段から使ってるものでよいというのもうれしいです。(40代女性)
●温かくて簡単に肌のお手入れができるし、ながらケアができるのも良いです。使うと翌日の化粧ノリも全然違うので、このまま継続して使いたいです。

ネット上にはいろいろな口コミがありましたが、低評価な声よりも「気持ちが良い」「肌の質感が変わってきた」などの喜びの声のほうが多いように思います。

また、テレビを観ながらなどの「ながらケア」ができるという手軽さも魅力的ですね!

 

ホットアンドビューティーアイPROの通販販売店と価格情報!

最後に、人気通販サイトでの価格を調べて比較してみました!

※すべて税込み価格です。

●日テレ7楽天市場:11,000円(送料無料)
●Amazon    :11,000円(送料無料)
●Yahoo!    :11,000円(送料無料
●女神のマルシェ:11,000円+送料330円

価格はどこで購入しても同じでしたので、よく利用するショップやポイントを貯めてるところで選んでもよさそうですね。

 

ちなみに楽天限定の裏技で「楽天カード」を作成すると、すぐに使える2,000ポイントがもらえるので、実質2000円引きでお買い物ができますよ。

今回でいえば、9,000円になりますからね♪

\楽天カードについてはコチラ/

 

▼ホットアンドビューティーアイPROの販売店はコチラ▼

 

また、旧モデルが気になる!という方はコチラ↓↓

当ブログでも以前に特徴や口コミを以下の記事でまとめてます。

>>ホットアンドビューティーアイの口コミ評判がスゴイ!効果や使い方をまとめてみた!

 

\目元ケアができる美顔器の関連記事/