アルコペディコバレエシューズの口コミや最安値は?外反母趾も歩きやすい?【いいものプレミアム】

ファッション

いいものプレミアムで紹介されたディノスの『アルコペディコ バレエシューズ』の口コミや最安値はどこなのかを徹底調査してまとめてみました。

『アルコペディコ バレエシューズ』は、履き心地が良く疲れにくいシューズで、スニーカーほどカジュアル過ぎないし、パンプスほど気取ってもいないので、さまざまなコーデに合わせやすいというのはとっても魅力ですよね。

でも、靴擦れや外反母趾出もツラくはないのかも気になるところです。

 

このページでは、特徴や実際に購入して履いてみた方のリアルな口コミや、通販販売店からどこが一番オトクなのか価格調査もしてご紹介していきます。

 

 

アルコペディコ バレエシューズとは?

アルコペディコは、ポルトガルで1966年に誕生したシューズブランドです。

ポルトガルは古来より硬い石畳の道が多いので、脚に負担がかかりやすいので、その負担を軽減する「歩きやすく、疲れにくい」を追及して開発されたシューズがアルコペディコになります。

 

シンプルな作りでも、人間工学から導き出された知恵がしっかりと立って歩くことをサポートしてくれる作りになっているのが特徴です。

さらに、ヨーロッパらしくファッション性も取り入れているので、デザインやカラーバリエーションも豊富で、好みの服に合わせた種ところが世界中の人から愛されてるポイントです。

 

アルコペディコ バレエシューズの3つの特徴は?

今回いいものプレミアムで紹介された「アルコペディコ バレエシューズ レディースAR1853」ですが、以下の3つの特徴があります。

①靴裏をしっかりサポートしている
②やわらかなアウトソール
③伸縮性が良い

それぞれの特徴についてもっと具体的に解説していきます。

 

1:くつ裏をサポート

アウトソールの膣ふまずの部分には2本のアーチが入っています。(ツインアートサポートシステム)

これが、歩いてるときにかかとに集中してしまいがちな歩行時の衝撃を足裏全体へ分散してくれる役割を持っているのです。

 

そのため、脚への負担を軽減することができるのはもちろん、膝や腰の負担も軽減する効果も期待することができます。

これが、長距離を歩いても疲れにくいといわれてる理由の1つになっているのです。

 

2:やわらかなアウトソール

丈夫で柔軟性にも優れている特殊なポリウレタンのアウトソールを採用しているというのも特徴です。

柔軟性に優れているので、半分に折り曲げても割れることがないほどの柔らかさと強さをもっているので、しゃがんだりしたときにも、しっかりと足裏のフィットして靴がズレてしまうということもなくなるのです。

 

また、バレエシューズというと靴底が薄いものも多いのですが、こちらはソールも厚くヒールの高さは約3㎝もあります。

なので、クッション性も高く突き上げ感は少なく疲れにくいのです。

 

3:伸縮性が良く外反母趾にも

アッパー素材は、上品な見た目に仕上がっているのですが、見た目以上に柔らかく足を締め付けることがありません。

歩くときやしゃがむときの足の動きを邪魔することがないので長時間履いていても疲れません。

さらに、足の馴染みやすいので「外反母趾」や「甲高・幅広」の方にも履きやすく歩きやすいようになっています。

 

アルコペディコ バレエシューズの洗い方は?

「アルコペディコ バレエシューズ」は汚れてしまったときには丸洗いすることができます。

洗う時のポイントは、

 

✅水またはぬるま湯を使う

✅洗った後は、直射日光を避けて風通しの良い場所で自然乾燥させる

というようにいつでも洗うことができるので、清潔な状態を維持しやすいのはうれしいですね。

 

また、ニオイだけ気になる場合は、中のインソールだけを取り外してインソールのみを洗うこともできます。

汚れがひどく、水やぬるま湯では落としきれない場合は、中性洗剤も使えるようですが、風合いが変化する場合があるので使わないようにしたほうが良いですね。

※乾燥機の使用は×です。

 

アルコペディコ バレエシューズのサイズや色は?

いいものプレミアムで紹介されたサイズと色についてもまとめておきます。

サイズ

・23.0㎝
・23.5㎝
・24.0㎝
・24.5㎝
・25.0㎝

※この後の口コミでサイスについての意見も集めていますので参考にしてください。

 

・ブラック(定番色で、ドレッシーな装いにもピッタリ!)
・ベージュ(素足のような感覚で脚長効果も!1年中使いやすいカラー)
・ブラウン(深みのある色合いで、どんな装いにも合わせやすい)
・レッド(ワインレッドのような落ち着いた色合いで大人の女性にピッタリ。)
・グレー(カジュアル過ぎないので、どんな装うにも合わせやすい。)
・ネイビー(落ち着いた色合いで、さりげないおしゃれ感)

カラーバリエーションも充実してるから、お気に入りのコーデに合った色を選ぶこともできますね。

 

アルコペディコ バレエシューズの口コミや評判

ここからは、実際に購入してはいた方のリアルな口コミについてもチェックしていきましょう。

 

外反母趾、幅広甲高の方の口コミは?

●幅広の足ですが、とても歩きやすく軽いので無理なく履くことができてます。
●幅広・甲高ですが私の足にピッタリでした!窮屈さもなく、かかとのパカパカとしてしまうこともありません。
●私の足の甲が高いのが原因か分からないけど、少し当たるのがちょっと気になる。
●外反母趾ですが、このシューズは履きやすく痛くならないので気に入ってます。

 

靴擦れについての口コミは?

●フィット感があるのは良いけれど、後ろが擦れて痛くなります。
●20分ほど歩いてみたけれど、柔らかい素材なので靴ズレなどもなくとても履き心地が良かったです。

靴擦れについては、意見が分かれてしまいましたね。

まずは家の中で少し慣らしたほうが良いかもしれないですね。

 

大きさは?サイズについての口コミ

●口コミで足指がくっきり出てしまうという書き込みを見ていたので1サイズ大きめを購入してみました。特に大きすぎることはなく、気になった足指も問題ありません。
●ソフトな足あたりで履いていても楽です。ストレッチ性が高かったので、次回はワンサイズ下げてもいいかも。
●履きやすく軽いし見た目もおしゃれで良いです。でもいつもの靴よりもワンサイズ大きくしたら、少し大きく感じたので、いつも通りでもよかったかも。
●他のバレエシューズは普段のサイズでもよかったけど、こちらはピッタリすぎてきつめでした。でもやわらかい素材ということなので、そのうち馴染むと思います。

大きさについては「幅広、甲高、外反母趾」の場合は1サイズ大きくてもよさそうかな?

この辺りは個人差もあるので、しっかりと購入前に自分の足のサイズをはかっておいたほうが良いかもしれないですね。

 

その他良い・悪い口コミは?

●レッドを購入しました。悪目立ちすることもなく大人でも使え同僚からも褒めてもらったので気に入ってる。
●母の日のプレゼントにしてみたらとても喜んでいました。履きやすく歩きやすいということで、またリピしたいです。
●これはやわらかいので小さく収納することもでき、旅行などにも使いやすいです。
●ちょっと模様が入っているところも気に入ってる。最初は小さく感じたけど、履いていたらちょうどよく自分の足に馴染んできました。
●靴底があるとはいっても、やっぱり自分的には薄く感じます。歩くと足に少し衝撃を感じた。

 

アルコペディコ バレエシューズの最安値は?

アルコペディコバレエシューズは、いいものプレミアムで紹介されていたので、ディノス系で購入することができます。

また、どこが一番オトクなのか価格比較もしてみました。

※すべて税込み価格です。

●ディノス  :10,450円+送料590円
●ディノス楽天:10,450円+送料590円
●Amazon  :なし
●Yahoo!  :10,450円+送料590円

Amazonはまだ取り扱いがなく、ディノス系なら楽天もYahoo!も同じ価格でしたが、ポイントがもらえる分ちょっとお得ですね。

最後までご覧いただきありがとうございます^^

 

\通販で紹介の関連記事/