空納生活「圧縮キューブQR」口コミや使えない掃除機は?類似品でおすすめは?

日用雑貨

ポシュレで紹介された空納生活「圧縮キューブQR」のリアルな口コミや使えない掃除機、類似品などをまとめてみます。

こちらは、圧縮袋と収納ボックスの一体型になった便利アイテムで、かさばりやすい冬物の衣類や子供のぬいぐるみなどもスッキリ収納することができる優れもの。

 

掃除機で中の空気を吸うだけと使い方も簡単なので、お部屋もスッキリしてクローゼットや押し入れにもきれいに収納できるのもうれしいですね。

このページでは、その特徴や使いやすさのほか、口コミから見たメリットやデメリット、類似品などについてまとめてご紹介していきます!

 

 

空納生活 圧縮キューブQRの特徴は?

まずは、ポシュレで紹介された『空納生活 圧縮キューブQR』の特徴を簡単にまとめてみます!

✔ 圧縮袋と収納ボックスがいっしょになった便利アイテム
✔ 掃除機で吸引するだけでスッキリ収納できる
✔ 逆止弁バルブ付きで空気の逆流も防ぐ
✔ 透明窓+二次元コード入りのタグ付きで中に入ってるものもわかりやすい
✔ セーターなら約30枚、かけ布団なら2~3枚収納できる

 

空納生活 圧縮キューブQRはたっぷり収納することができるというのがポイントです。

冬物の布団やコートにセーターなどは使わない季節になると収納場所をとってしまいますよね。

 

また、お子さんの遊ばなくなったぬいぐるみなども数が増えると置き場所にも困ってしまいます。

ところが「圧縮キューブQR」なら、セーター類なら30枚、かけ布団なら2~3枚、座布団なら4~5枚を収納することができるのです。

大容量タイプなので、使わないものもスッキリ収納することができるのもうれしいポイントですね。

 

しかも使い方もとっても簡単です。

しまいたい衣類や布団を入れて、チャックを閉めて掃除機で吸引するだけです。

さらにうれしいのが、空気を抜くバルブは逆止弁になっているということです。

掃除機をあてることで吸引することができ、掃除機を離すと栓が自動で閉まるので空気が中に入ってしまうということもありません。

 

つまり、一般的な圧縮袋のように栓をしたりする手間もないというのもノンストレスでラクに使うことができるのです。

 

【空納生活 圧縮キューブQRの仕様】
■サイズ:
・組立て時:横70×奥行50×高さ30cm
・折り畳み時:横50×奥行35×高さ4cm

■重さ:
・1,230g(1個あたり)

 

使わないときには折りたたむこともできるというのも便利ですね。

 

空納生活 圧縮キューブQRで使えない掃除機はコレ!

コンパクトに収納できる圧縮キューブQRだけれど、すべての掃除機に対応しているというわけではないみたいですね。

そこで、使えない掃除機についてもまとめておきます。

・ハンディタイプ

ポシュレの販売ページを見る限りだと、ハンディタイプだと吸引力が弱いので圧縮することができないそうですね。

 

また、寝具もダウン70%以下の羽毛製品は使えません。

無理やり使ってしまうと、羽根が折れて布団や衣類の生地を傷める原因になったり、圧縮袋に穴をあけてしまう可能性もあるからです。

羽毛布団は、圧縮キューブQR以外のものでも同じように注意書きがされているものが多いですね。

 

空納生活 圧縮キューブQRの口コミは?

空納生活「圧縮キューブQR」は、とっても使い勝手もよさそうだけれど、実際の評価も気になるところです。

そこでここからは、リアルな口コミについても見やすく簡単にまとめておきます。

 

使いやすさや耐久性は?

・カバーがナイロン製なので持つところも丈夫そう。

・ファスナーが思ってたよりも弱く感じる。

 

収納力は?

・かなりたくさん収納することができた。

・たくさん入るので量の調整が難しい。中途半端に少ないと重ねられない。

 

まだ口コミは少ないですが、このような声がありました。

ファスナーについては、目安以上を入れてしまうときつくなって壊れやすくなるので要注意です。

 

ただ、それでも収納力については満足されているという意見が多いので、たくさんしまいたいものがあるという方におすすめです。

楽天にはほかにも口コミがありましたので、こちらも参考にしてみてください。

>>空納生活 圧縮キューブQRのリアルな口コミ「楽天」

 

空納生活 圧縮キューブQRと類似品スピードキューブの違いは?

ポシュレで紹介された「圧縮キューブQR」もよさそうだけれど、ディノスの「スピードキューブ」という類似品も気になる!

 

そこで、この2種類の仕様について比較してみます。

圧縮キューブQR スピードキューブ
サイズ(約) ■組立時:
横70×奥行50×高さ30cm
■折畳時:
横50×奥行35×高さ4cm
■組立時:
幅75×奥行40×高さ30cm
■折畳時:
幅37.5×奥行40×高さ5cm
重さ(約) 1,230g 記載なし
特徴 ・透明窓付き
・二次元コード入りのタグ付き
・逆止弁バルブ付き
・透明窓あり
・圧縮スピードがとにかく早い
税込価格(2個) 7,800円 6,990円

 

組み立てたときのサイズはほとんど同じですが、横・奥行に多少違いがあるので、圧縮ボックスをおく予定の場所に収まるかどうかで選ぶのもおすすめです。

 

圧縮キューブQRには、逆止弁バルブも付いているほか、二次元コードを専用アプリで読み込むと、しまった物を画像でチェックすることもできます。

事前に撮影するという手間もあるけれど、一度撮影しておけばアプリからすぐにチェックできるというのはとても便利ですね。

 

価格はスピードキューブのほうが若干安いです。

スピードキューブの口コミやメリット・デメリットはこちら

 

空納生活 圧縮キューブQRのおすすめ通販販売店は?

さいごに、ポシュレで紹介された空納生活『圧縮キューブQR』の通販販売店とその価格についても調べてみました!

※すべて税込み価格です。

 

ポシュレ楽天
・2個セット:7,800円+送料820円
・4個セット:9,980円+送料820円

Amazon:なし

Yahoo!
・2個セット:7,800円+送料820円
・4個セット:9,980円+送料820円

 

いまは、ポシュレ系のショップでの4個セットがお得になっていますね。

 

\2個セットが気になる方はコチラ/

 

\お得な4個セットが気になる方はコチラ/

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。