圧縮ボックス「スピードキューブ」の口コミや使えない掃除機は?類似品やおすすめ販売店は?【ディノス】

日用雑貨

いいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブ』のリアルな口コミや使えない掃除機、類似品などをまとめてみます。

スピードキューブは、圧縮袋と収納ボックスの一体型になったディノスだけのとっても便利なアイテムです。

 

掃除機で空気を吸ってぺしゃんこにできるので、お部屋もスッキリしてクローゼットや押し入れにも収納しやすくなるそうですね。

このページでは、その特徴や使いやすさのほか、口コミから見たメリットやデメリット、類似品などについてまとめてご紹介していきます!

 

圧縮ボックス スピードキューブの特徴は?

まずは、いいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブ』の特徴を簡単にまとめてみます!

✔ 圧縮袋と収納ボックスがいっしょになった便利アイテム
✔ 掃除機で吸引するだけでスッキリ収納できる
✔ 使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できる
✔ 透明窓もあるので、中に入ってるものもわかりやすい
✔ セーターなら約30枚、かけ布団なら2~3枚収納できる

 

スピードキューブは、とにかく収納力がすごいというのがポイントです。

布団やコートにセーターなど、冬物はとにかく収納場所をとってしまいますよね。

 

ほかにも、ぬいぐるみなども数が増えると置き場所にも困ってしまいがちです。

ところがスピードキューブなら、セーター類ならおよそ30枚、かけ布団なら2~3枚を収納することができるのです。

たっぷり入るので、季節外れの衣装は布団、あまり使うことがない来客用の寝具などの収納のも便利!

 

しかも、入口も広いので、中に入れやすいところもうれしいポイントですね!

 

使い方もとっても簡単です。

収納するものを入れたら、掃除機を使って空気を抜くだけ!

しかも、従来品と比べて約1.4倍という圧縮スピードで素早くできるので、時間がないときにも効率よくお片付けすることができるのです。

 

圧縮後も、ボックスと一体型になっているので、側面と底面があることで縦置きや積み重ねをすることもできるので、押し入れやクローゼットにもスッキリと収納しやすくなってるのも便利ですね。

そして、この圧縮ボックスを使わないときは、折りたたむことができるので、引き出しやタンスの隙間などのちょっとした間などにも収納することができるので、余計なスペースをとらないように設計されてるのです。

 

【圧縮ボックス「スピードキューブ」の仕様】
■サイズ:
・組立時:約幅75×奥行40×高さ30cm
・折畳時:約幅37.5×奥行40×高さ5cm

 

圧縮ボックス スピードキューブで使えない掃除機はコレ!

コンパクトに収納できる圧縮ボックスだけれど、すべての掃除機に対応しているというわけではないみたいですね。

そこで、使えない掃除機についてもまとめておきます。

・ハンディタイプ
・スティックタイプ
・排気循環型
・ロボット掃除機

これらのような掃除機では口が合わずに圧縮することができないのでご注意ください。

 

また、寝具といっても羽毛製品は非推奨となっています。

とくにダウン80%以下の羽毛製品の収納は、羽根が折れて布団や衣類の生地を傷める原因になったり、圧縮袋に穴をあけてしまう可能性もあるそうです。

 

羽毛布団については、多くの圧縮袋でも利用は避けるような記載があるので、こちらもそこはほとんど同じですね。

 

圧縮ボックス スピードキューブの口コミや評判は?

圧縮ボックスのスピードキューブは、とっても使い勝手もよさそうだけれど、実際の評価も気になるところです。

そこでここからは、リアルな口コミについても見やすく簡単にまとめておきます。

 

使いやすさは?

●番組で見た通り、すぐに空気も抜けた。

●うまく入れないと圧縮袋の中でごちゃごちゃしてしまう。

●掃除機で吸引するだけなので簡単に使える。

●圧縮した後はクローゼットもスッキリ収まるので便利。

 

収納力については?

●ふとんや冬物のセーターなど場所をとってたものがコンパクトに収まった。

●使ってる敷き布団は収まらず残念。

●冬の厚手の服や敷きパッドなども収納してコンパクトにできた。

 

その他の評価は?

●たくさん詰め込んだらファスナーが閉まらなくなった。

●容量があるので服もたくさん入るけど、その分重くなる。

●掃除機で10秒とかからず圧縮できる。

●透明部分もあって中が見えるのが良い。

 

実際に購入された方のリアルな意見をまとめてみました。

収納力があるので、詰め込みすぎてしまうとファスナーがきつくなってしまったり、その分重さもあるので、ほどほどが良さそうですね。

 

ただ、スピードキューブには持ち手も付いてるので、持ち運びはしやすくなっています。

掃除機によっては10秒もかからずに圧縮できるというのも短時間でできて助かりますね♪

 

スピードキューブのメリットやデメリットは?

リアルな口コミから分かったメリットとデメリットを見やすくまとめておきます。

 

メリット デメリット
・収納ボックスと圧縮袋の一体型
・掃除機で吸引するだけで簡単に収納
・透明窓もあるので中身がわかる
・使わないときも折りたたんで収納できる
・詰め込みすぎると重たくなる
・側生地もやわらかい
・使えない掃除機もある

 

スピードキューブは、販売店ではリピーターもいるほどの大人気アイテムです。

多くの方が満足しているので、入れる量などをうまく調整さえすれば、部屋もキレイにお片付けすることができそうですね。

 

スピードキューブの類似品は?

収納ボックスと圧縮袋の一体型のアイテムは他にもあります。

ここでは、口コミ評価の良いおすすめ品をいくつかご紹介しますね。

 

圧縮ボックス 衣類用L

冬物セーターやトレーナーなら12~29枚ほど収納できる衣類用収納ボックス。

こちらは、掃除機の強モードで1分ほどの吸引時間がかかるものの、楽天では300件以上のレビュー数があるにもかかわらず、★4.5以上/5段階と多くの方が満足しています。

日本製という安心感も!

 

圧縮plus

累計出荷数200,000個越えという、圧縮袋のベストセラーアイテム。

収納物が一目でわかる便利な透明窓付きで、逆流防止バルブも付いた圧縮袋なので誰でも簡単に圧縮ができます。

そして、ダウン80%以上の羽毛製品の使用もOKというのもうれしいポイント!

 

圧縮ボックス スピードキューブのおすすめ販売店は?

さいごに、いいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブ』の通販販売店とその価格についても調べてみました!

※すべて税込み価格です。

 

ディノス楽天(送料590円)
・2個セット:6,990円
・4個セット:9,980円
・専用吸引機エアッシュ付きコンプリートセット:12,500円

Amazon:なし

Yahoo!
・2個セット:6,990円
・4個セット:9,980円
・専用吸引機エアッシュ付きコンプリートセット:12,500円

現在は、ディノス限定ということで他では購入ができないようですね。

使える掃除機がないという方は、「コンプリートセット」がおすすめ!

 

このキャンペーン価格は3月31日までの期間限定!

 

\2個セットはこちら/

 

\4個セットはこちらから/

 

\コンプリートセットはこちらから/

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。