【口コミ】圧縮ボックススピードキューブDXの評判や使えない掃除機や使い方も!「ディノス」

【記事内で紹介してる商品リンクにはアフィリエイト広告が使われています。】

日用雑貨

ディノス特番やいいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブ』と最新「スピードキューブDX」の違いやリアルな口コミや使えない掃除機、類似品などをまとめてみます。

 

スピードキューブは、圧縮袋と収納ボックスの一体型になったディノスだけのとっても便利なアイテムです。

掃除機で空気を吸ってぺしゃんこにできるので、お部屋もスッキリしてクローゼットや押し入れにも収納しやすくなるそうですね。

 

このページでは、その特徴や使いやすさのほか、口コミから見たメリットやデメリット、類似品などについてまとめてご紹介していきます!

 

⇩通常版

※旧モデルはDXが登場したことで終了しているみたいです。

 

⇩DX版

 

圧縮ボックス スピードキューブDXのSNSでの口コミや評判

圧縮ボックスのスピードキューブDXは、とっても使い勝手もよさそうだけれど、実際の評価も気になるところです。

でも最新モデルはまだ発売されたばかりだったので、参考になるような口コミはありませんでした。

 

SNSにレビューがありましたので、こちらを参考にしてみてくださいね。

 

いろいろな声があったのでここからは、リアルな口コミについても見やすく簡単にまとめておきます。

 

使いやすさ

押し入れの中に、全部入れることが出来ました。空気を抜くのも簡単です。

引用元:Yahoo!ショッピング

スピードキューブDXですが、使ってみた多くの方が番組で見た通り、すぐに空気も抜けたところを実感しているようですね。

ただ、うまく入れないと圧縮袋の中でごちゃごちゃしてしまうというような声もあるので、使い始めは収納方法に少し工夫が必要になるかもしれません。

 

といっても、基本的には掃除機で吸引するだけなので簡単に使えるし、圧縮した後はクローゼットもスッキリ収まるので便利といった評価が多いように感じますね。

 

収納力について

スピードキューブDXの収納力もしっかり評価されていましたね。

引用元:Yahoo!ショッピング

ふとんや冬物のセーターなど場所をとってたものがコンパクトに収まるから、押入れやクローゼットを圧迫しにくくなるのはうれしいポイントですからね。

 

ただ、使ってる敷き布団の大きさによっては収まらない可能性もあるので、事前にサイズ確認はしておくようにしましょう。

 

その他の口コミや評価

スピードキューブDXは、たくさん入れられるといっても、詰め込みすぎればファスナーが閉まらなくなったりするので注意が必要です。

 

また、容量があるので服もたくさん入るけど、その分重くなるので、高い場所に保管しようと思っている方は注意したいところですね。

 

掃除機で10秒とかからず圧縮できるから、手動タイプよりもラクなところが評価されていたり、透明部分もあって中が見えるなど、作りが良いところの満足度も高いようですね。

 

実際に購入された方のリアルな意見をまとめてみました。

収納力があるので、詰め込みすぎてしまうとファスナーがきつくなってしまったり、その分重さもあるので、ほどほどに入れるようにしましょう。

 

ただ、スピードキューブには持ち手も付いてるので、持ち運びはしやすくなっています。

掃除機によっては10秒もかからずに圧縮できるというのも短時間でできて助かりますね♪

 

圧縮ボックス スピードキューブDXの特徴5選

まずは、いいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブ』の特徴を簡単にまとめてみます!

✔ 圧縮袋と収納ボックスがいっしょになった便利アイテム
✔ 掃除機で吸引するだけでスッキリ収納できる
✔ 使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できる
✔ 透明窓もあるので、中に入ってるものもわかりやすい
✔ セーターなら約30枚、かけ布団なら2~3枚収納できる

 

スピードキューブは、とにかく収納力がすごいというのがポイントです。

布団やコートにセーターなど、冬物はとにかく収納場所をとってしまいますよね。

 

ほかにも、ぬいぐるみなども数が増えると置き場所にも困ってしまいがちです。

ところがスピードキューブなら、セーター類ならおよそ30枚、かけ布団なら2~3枚を収納することができるのです。

たっぷり入るので、季節外れの衣装は布団、あまり使うことがない来客用の寝具などの収納のも便利!

 

しかも、入口も広いので、中に入れやすいところもうれしいポイントですね!

 

使い方もとっても簡単です。

収納するものを入れたら、掃除機を使って空気を抜くだけ!

しかも、従来品と比べて約1.4倍という圧縮スピードで素早くできるので、時間がないときにも効率よくお片付けすることができるのです。

 

圧縮後も、ボックスと一体型になっているので、側面と底面があることで縦置きや積み重ねをすることもできるので、押し入れやクローゼットにもスッキリと収納しやすくなってるのも便利ですね。

 

そして、この圧縮ボックスを使わないときは、折りたたむことができるので、引き出しやタンスの隙間などのちょっとした間などにも収納することができるので、余計なスペースをとらないように設計されてるのです。

 

【圧縮ボックス「スピードキューブ」の仕様】
■サイズ:
・組立時:約幅75×奥行40×高さ30cm
・折畳時:約幅37.5×奥行40×高さ5cm

 

スピードキューブDXと従来品の違いを比較!

現在通販販売店では旧モデルの取り扱いはなく、スピードキューブDXのみとなっています。

でも、どんな違いがあるのかな?と迷ってしまいますよね。

 

そこで調べてみると、大きな違いはこの3つです。

●防ダニ加工の有無

●本体カラー

●価格

 

それぞれもう少し具体的にみていきますね!

 

違い1:生地に防ダニ加工が施されたDX

一番の違いは、スピードキューブDXになったことで生地に防ダニ加工が施されているということですね。

特に布製品や衣類は、ダニの好む繁殖場所となりやすく、保管する際には十分な注意が必要です。

 

ダニを寄せ付けにくくなっているから、衣類などを保管しておくときにも安心感がありますね。

 

違い2:本体カラー

また、本体カラーも違います。

旧:ブルー系
新:グレー系

 

違い3:価格

また、価格は記事更新時は次のようになっていました。

・従来品:2個セット⇒販売店なし
・DX :4個セット9,990円(税込)

 

最新モデルのほうが高機能活価格も安く抑えられるので、迷っているならスピードキューブDXがおすすめです。

 

圧縮ボックス スピードキューブDXで使えない掃除機はコレ!

コンパクトに収納できる圧縮ボックスだけれど、すべての掃除機に対応しているというわけではないみたいですね。

そこで、使えない掃除機についてもまとめておきます。

・ハンディタイプ
・スティックタイプ
・排気循環型
・ロボット掃除機

これらのような掃除機では口が合わずに圧縮することができないのでご注意ください。

 

また、寝具といっても羽毛製品は非推奨となっています。

とくにダウン80%以下の羽毛製品の収納は、羽根(フェザー)が折れて布団や衣類の生地を傷める原因になったり、圧縮袋に穴をあけてしまう可能性もあるそうです。

 

羽毛布団については、多くの圧縮袋でも利用は避けるような記載があるので、こちらもそこはほとんど同じですね。

 

圧縮スピードキューブDXのメリットやデメリット

リアルな口コミから分かったメリットとデメリットを見やすくまとめておきます。

 

メリット デメリット
・収納ボックスと圧縮袋の一体型
・掃除機で吸引するだけで簡単に収納
・透明窓もあるので中身がわかる
・使わないときも折りたたんで収納できる
・詰め込みすぎると重たくなる
・側生地もやわらかい
・使えない掃除機もある

 

スピードキューブは、販売店ではリピーターもいるほどの大人気アイテムです。

収納力抜群で省スペースを実現できる便利なアイテムです。

 

ただし、初期費用や圧縮の手間、すべてのものが圧縮できるわけではないなどのデメリットもありますから、購入前に、収納したいものや設置場所などをよく検討することをおすすめします。

多くの方が満足しているので、入れる量などをうまく調整さえすれば、部屋もキレイにお片付けすることができそうですね。

 

スピードキューブの類似品3選

収納ボックスと圧縮袋の一体型のアイテムは他にもあります。

ここでは、口コミ評価の良いおすすめ品をいくつかご紹介しますね。

 

圧縮ボックス 衣類用L

冬物セーターやトレーナーなら12~29枚ほど収納できる衣類用収納ボックス。

こちらは、掃除機の強モードで1分ほどの吸引時間がかかるものの、楽天では300件以上のレビュー数があるにもかかわらず、★4.5以上/5段階と多くの方が満足しています。

日本製という安心感も!

 

圧縮plus

累計出荷数200,000個越えという、圧縮袋のベストセラーアイテム。

収納物が一目でわかる便利な透明窓付きで、逆流防止バルブも付いた圧縮袋なので誰でも簡単に圧縮ができます。

そして、ダウン80%以上の羽毛製品の使用もOKというのもうれしいポイント!

 

空納生活「圧縮キューブ」

日テレポシュレで紹介された、スピードキューブと同じく圧縮袋と収納ボックスの一体型になった人気商品です。

圧縮キューブは、中のものが見える透明窓が付いてます。

中に入れたものを開けなくても確認できる優れもの!

 

下記記事でスピードキューブとの違いや口コミをまとめてるので参考になれば嬉しいです。

 

スピードキューブDXのQ&A

ここからは、スピードキューブDXのQ&Aについてもまとめてみます。

 

Q:従来品のエアッシュは使えるの?
A:旧モデルのエアッシュも対応してる
Q:破れないの?
A:詰め込みすぎると破れる場合もあるのでほどほどに。
Q:羽毛製品は使えないの?
A:羽毛製品の収納は避けるのが推奨されています。

 

圧縮ボックススピードキューブをおすすめする人は?

いいものプレミアムで紹介されてる『圧縮ボックススピードキューブ』は、次のような人におすすめの収納ボックスです。

 

着ない衣類の収納場所に困っている人
●大きな布団もキレイに収納したい人
●押入れをスッキリと片付けたい人

 

圧縮ボックス スピードキューブDXのおすすめ通販販売店や価格は?

さいごに、いいものプレミアムで紹介された圧縮ボックス『スピードキューブDX』の通販販売店とその価格についても調べてみました!

※すべて2024年4月28日現在の税込み価格です。

 

ディノス楽天(送料無料)
・2個セット:8,080円
・4個セット:10,870円
・専用吸引機エアッシュ付きコンプリートセット:13,871円

Amazon:なし

Yahoo!(送料880円)
・2個セット:7,200円
・4個セット:9,990円
・専用吸引機エアッシュ付きコンプリートセット:18,230円

現在は、ディノス限定ということで他では購入ができないようですね。

使える掃除機がないという方は、「コンプリートセット」がおすすめ!

 

\各セットの最新価格情報は「○○で探す」でチェック!/

 

楽天カードをまだ持っていない方は、楽天カードを作ることですぐに利用できる2000円分のポイントがもらえます!

カードを持っていると今後の楽天でのお買い物ポイントが常に+2倍でオトクになりますよ!

詳細はコチラ

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。

 

\カリスマバイヤーズで紹介のアイテムの口コミや販売店情報はこちら/