日立ヘルシーシェフMRO-S7XとMRO-S8Xの違いは?口コミや機能まとめ

キッチン家電

日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」の口コミや機能の違いを知りたい!

日立から発売されてる加熱水蒸気調理ができるヘルシーシェフは、楽天などの通販サイトでもとっても人気がありますよね。

上位を独占するほどの売れ筋があるのでとっても興味があります(2019年11月19日時点)

↓ ↓ ↓

check>>スチームオーブンレンジランキング【楽天】

そこで、いろいろ調べてみると、ランキング上位には、ヘルシーシェフの「MRO-S8X」と「MRO-S7X」の2種類があることがわかりました。

画像を見るだけだとそこまで変わらないけれど、価格が7,000円も差があるのです。

そこで、機能面でどんな違いがあるのかや口コミも気になったので、いろいろと調べてまとめてご紹介したいと思います。

これからどっちを買おうか悩んでるという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

日立ヘルシーシェフMRO-S7Xの口コミと評判

まずは、日立ヘルシーシェフMRO-S7Xを実際に使ってみた人のリアルな口コミと評判を調べてまとめてみました。

悪い口コミレビューはこちら

●思ったよりも大きくて置き場所に困ってしまった。

●マニュアルが分厚くて読む気になれないです(笑)

●音が多少気になる。

●機能が多すぎて使いこなせるか不安。

●機能が多いのは良いけれど、設定がめんどくさい。

悪い口コミは現在のところあまり見つけることができませんでしたね。

機能が充実している分、設定するのが面倒と感じる人もいたのは事実です。

ただ、どの口コミも少数でした。

 

良い口コミ評価はこちら

次に評価の高い口コミとレビューも調べてみました。

●庫内はほぼフラットなのでお手入れがしやすいのは助かります。

●音も気になるほどではないですし、パワーもあるので使い勝手が良い。

●オート調理のメニューがとても豊富ですし、手動調理の時には細かい設定ができるので、料理以外にもお菓子やパン作りなどにも使えます。

●お手入れが楽だし、スチームを発生させることで汚れを落とし足り、脱臭機能がついてるのがスゴイです。

●VS8と悩んでこちらを購入。ちょうどよいサイズでした。

まだ発売されたばかりなので口コミ数自体は少ないですが、何といってもお手入れがしやすくなってるというのはポイントが高いですよね。

メニューも豊富にあるので、いろんなレシピを試せるのもワクワクしてきます^^

>>日立【HITACHI】22L 過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ レッド MRO-S7X-R★【スチームオーブン】

 

日立ヘルシーシェフMRO-S8Xの口コミと評判

日立ヘルシーシェフMRO-S8Xの口コミと評判についてもチェックしていきましょう。

悪い口コミとレビューはこちら

●想像していた以上に大きかったので、購入前に置き場所の確保をしたほうが良さそうです。

●液晶部分にバックライトがないので、置く場所によっては見えにくいかも。

●機能がたくさんあるので使いこなすのには時間がかかると思った。

悪い口コミといっても、今のところこういったところしか見つかりませんでした。

購入された多くの方は、その機能や仕上がりには満足している人のほうが多いということでしょう。

 

良い口コミとレビューも

●お手入れコースにはスチームで汚れを落としたり、匂いを軽減する脱臭機能があったりととても便利です。

●庫内はフラットなところが多く、拭き掃除がしやすいです。

●ノンフライや油を使わないヘルシーメニューもオートで作れてしまうのはとてもありがたいです。

●動作音も気になるほどでもなく買ってよかったです。

こちらも発売されたばかりということで口コミ自体は少なかったのですが、こういったところを高く評価している人が多かったです。

食べ物を取り扱うものですから、お手入れがしやすいというのは何よりも安心感もありますね。

>>日立 MRO-S8X-W ホワイト ヘルシーシェフ [過熱水蒸気オーブンレンジ (31L)]

 

MRO-S7XとMRO-S8Xの違いについて

どちらも2019年に発売された最新の加熱水蒸気オーブンレンジです。

見た目はそこまで差はないけれど、具体的な違いは何なのかも気になりますよね~。

そこで、表にしてそれぞれまとめてみました!

↓ ↓ ↓

MRO-S8X MRO-S7X
センサー種類 ・重量センサー
・蒸気、温度センサー
・赤外線センサー
・温度センサー
最高出力(自動) 1,000W 1,000W
サイズ(約) ・幅487㎜
・奥行き430㎜
・高さ365㎜
・幅483㎜
・奥行き388㎜
・高さ340㎜
重さ(約) ・15.5㎏ ・14㎏
レシピ・オートメニュー数 130/104 111/84
スマホ連携 なし なし
付属品 ・外して丸洗いテーブルプレート
・黒皿
・黒皿
温度調節(オーブン) 100~210℃、250℃*7
発酵(30・35・40・45℃)
100~210℃、250℃*7
発酵(30・35・40・45℃)
総庫内容量 31L 22L

 

ヘルシーシェフMRO-S7Xの特徴

ヘルシーシェフMRO-S7Xの特徴についてもチェックしていきましょう。

1:ヘルシーメニューに対応

100度以上に高めた加熱水蒸気やレンジ・オーブン・グリルの加熱方法を組み合わせて、ヘルシーなメニューをオートで作ることができます。

ノンフライ・油を使わない体に優しい炒め物ができるので、ダイエットを始める方にもうれしいですね。

 

2:お手入れが簡単

庫内側面や背面、平面グリルはシリコン系塗装を施しているので汚れを落としやすくお手入れの時短にもなります。

さらに汚れやすい庫内の天井部分はフラットになってるので、拭き掃除がしやすくきれいな状態を保ちやすくなっています。

さらに、スチームで汚れを落としやすくする掃除コースも完備と、お手入れが気になるオーブンレンジの欠点もしっかり解消してくれていますよ。

 

3:設定しやすい

手動レンジ600W・500Wを簡単に使うことができる上に、前回使った出力を記憶してくれるので、同じ設定で何度も使うのに最適です。

さらに、1人分や2人分の分量がオートで調理することができる「少人数」モードも搭載しています。

 

ヘルシーシェフMRO-S8Xの特徴

次に、S8Xの特徴や機能をチェックしていきます。

1:重量センサー/上記・温度センサー搭載

重さに合わせて加熱量を算出する上に、さらに蒸気や温度なども検知して加熱を制御してくれます。

細かい部分も自動で制御してくれるので、より手間を省いた調理に使うことができるのは魅力ですよね。

 

2:使いやすくお手入れもしやすい

テーブルプレートは外して丸洗いすることができるので、汚れてしまっても安心です。

さらに庫内はシリコン系塗装で汚れも落としやすくお手入れも簡単です。

そして、お手入れコースまで完備!

✅清掃:スチームで汚れを落としやすい。

✅脱臭:庫内の油汚れを焼き切って匂いの軽減効果。

✅水抜き:給水用のパイプ内に残った水を抜く

 

3:ノンフライのヘルシーメニューもオートで

こちらは、7Xでもあったのですが、同じく100度以上に高めた加熱水蒸気やレンジ、オーブン、グリルの加熱方を組み合わせたノンフライ・油を使わないメニューもオートで作れるようになります。

 

日立ヘルシーシェフMRO-S7Xの通販販売店情報!

MRO-S7Xは楽天市場やAmazonなどで購入することができます。

同じ製品でもショップによって価格が違ったりするので、あなたの購入するタイミングで最安値ショップを探してみてくださいね。

楽天でお探しの方はこちら

Amazonでお探しの方はこちら

>>ヘルシーシェフ MRO-S7X(Amazon)

Yahoo!ショッピングでお探しの方はこちら

>>ヘルシーシェフ MRO-S7X(ヤフーショッピング)

 

日立ヘルシーシェフMRO-S8Xの通販販売店情報!

続いてMRO-S8Xの販売ショップについても調べてまとめてみました!

 

楽天でお探しの方はこちら

Amazonでお探しの方はこちら

>>ヘルシーシェフ MRO-S8X(Amazon)

Yahoo!ショッピングでお探しの方はこちら

>>ヘルシーシェフ MRO-S8X(ヤフーショッピング)

 

まとめ

日立から発売された加熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ」のMRO-S7XとMRO-S8Xの違いや口コミについてまとめてみました。

どちらもお手入れもしやすく、ヘルシーメニューにも対応しているし、オートメニューもたくさん搭載されてるので、溶離の幅も広がりそうですね。

液晶にバックライトがないので見えにくいという声もありましたが、でもやっぱり、庫内の掃除がしやすいところはとってもポイントが高いですね♪