マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の口コミや洗濯機方法は?デメリットや販売店もチェック

【記事内で紹介してる商品リンクにはアフィリエイト広告が使われています。】

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の口コミや洗濯機方法は?デメリットや販売店もチェック 布団・枕・寝具

女神のマルシェで紹介されてる「マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団」のリアルなクチコミや洗濯方法と、デメリットや販売店などをまとめてみました。

 

熱帯夜になると夜中に寝汗で気持ち悪くなって目が覚めてしまうことってありますよね?

 

でも布団内の湿気を調整してくれる寝具があればムレも軽減してくれるので、朝まで快適に眠れそうです。

 

そんな夢のような寝具が「マイクロフラッフィーブレスケット」です。

 

このページでは、リアルなクチコミや特徴と、選択方法やデメリット、販売店など徹底調査してまとめてご紹介していきます。

これから買おうか迷ってる人にも参考になれば幸いです(*^-^*)

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の口コミや評判

まずは、マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団を実際に使ってるリアルなクチコミや評判から見ていきましょう。

 

と思ったのですが、新製品だったのでまだ参考になるような情報はありませんでした。

口コミが増えてきましたら、あらためてご紹介させていただきますね。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の効果や特徴

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の効果や特徴をまずは簡単にまとめてみました。

・湿度をコントロールする
・羽毛のようなふわふわ感がある
・適度な保温性がある
・ほこりが出にくい

それぞれもう少し具体的に見ていきますね。

 

湿度をコントロールしてムレにくい

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、環境にやさしい再生繊維セルロースを配合し、快適な使用感になっているのがポイントです。

 

この布団には、新しい素材の中綿が使用されており、ムレにくくなっています。

 

中綿は吸放湿性を持っており、布団の中の湿度を調整してくれるため、常にサラッとした快適な環境を維持しやすいのがいいですよね。

 

さらに、肌掛け布団の裏地にもセルロースが使用されていますので、吸放湿性がさらにアップし、肌ざわりがサラサラと心地よくなっているのです。

実際の使用感は、羽毛肌掛け布団よりも優れた吸放湿性が発揮されるのです。

 

汗をかいてもムレにくいので、長時間快適に使えるのは暑い季節にぴったりですね。

 

羽毛のようなふわふわ感がある

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、超極細マイクロファイバーと中空綿のブレンド綿を使用しています。

 

この特殊な繊維の組み合わせによって、軽量ながらもふわふわとしたボリューム感を実現しているのです。

 

帝人の技術によって開発された素材は、まるで羽毛のような感触や肌触りを実現しているそうですよ!

 

さらに、ブレンドされた綿の復元性によって、長時間使用してもへたりにくく、ふわふわ感を保ちやすいところもうれしいポイントですね。

 

適度な保温性がある

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、適度な保温性を持つため、夏でも快適に使用することができるのもポイントです。

 

5月から9月頃までの長い期間にわたってマイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団が活躍することができるのです。

 

夏の始めや終わりにはまだ少し肌寒さを感じることがありますが、この布団が適度な保温性もあるので、そのような季節の変わり目にもぴったり!

 

保温性を保ちながらも通気性が確保され、汗をかいてもムレずに快適な環境を保ちやすく、気軽に洗濯やお手入れができる点も魅力ですね。

 

ほこりが出にくい

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、中わたの繊維が切れにくいため、ホコリが出ることが少ないのもポイントです。

 

通常、布団や寝具は使用するうちに繊維が劣化して切れやすくなることがありますが、特殊な繊維構造によってその耐久性がアップしています。

繊維が切れにくいため、長期間にわたってホコリが出にくいのです。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の洗濯方法を徹底解説!

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、洗濯機で洗える種類の肌掛け布団です。

 

ただし、正しい洗濯方法を守らないと、フカフカ感や保温性が低下することがありますので、以下のように注意するようにしましょう。

 

・洗剤は中性洗剤を使うことをおすすめします。漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

・洗濯機は弱水流か手洗いモードを使い、水温は40℃以下に設定します。

・1枚ずつ洗濯ネットに入れて洗濯することがおすすめです。

・タンブラー乾燥や80℃以上の高熱乾燥は避けて、形を整えて自然乾燥させましょう。

 

このように、マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は洗濯機で洗える肌掛け布団ですが、正しい洗濯方法を守ることが重要です。

 

注意点もあるけど、洗える掛布団としては基本的なところは同じですので、すでに同じような製品を使ったことがあるならあまり気にならないかもしれないですね。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団と同じ種類と比較

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、超極細マイクロファイバー素材を使用しているのが特徴的です。

 

同種の商品としては、サテン生地や綿生地などがありますが、それぞれ素材や肌触りが異なるため、比較検討することが大切です。

 

サテン生地の肌掛け布団は、光沢感があるため高級感がありますが、滑りやすく夜中に動いてしまうことがあります。

また、綿生地の肌掛け布団は、洗濯後の縮みやすさがあるため、手入れには注意が必要です。

 

ただ下記のサテン掛けカバーは、ダニ通過率0%や安心お日本製で評価も高そうですね。

 

一方、マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、通気性が高く汗をかいてもサラッとした肌触りが持続します。

 

また、洗濯機で丸洗いが可能なため、手入れが簡単で快適な睡眠環境を維持することができます。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団のデメリットとは?

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団には、以下のようなデメリットがあります。

 

1. 洗濯機での洗い方などによってはふわふわ感が失われることがある。
2. 汗やニオイの吸収力が高いため、長期間使用していると、クサイ臭いが残ることがある。
3. お値段はそれなりにする。

 

これらのデメリットに対しては、以下のような対策があります。

 

洗濯機で洗う場合は、しっかりと注意事項を守って適切な処理をするようにしましょう。

汗やニオイの吸収力が高いため、定期的に洗濯し、風通しの良い場所に干すことが大切です。

 

予算の都合で手が届かない場合は、マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団を購入する前に、自分に合った予算内で購入できる商品を探してみるのもありですよ。

 

以上のように、デメリットもありますが、対策を講じることで使い勝手を向上させることができます。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団のQ&A

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団のQ&Aについても見ていきましょう。

 

Q:ニオイはないの?
A:届いてすぐは気になる場合があります。そのときは風通しの良い場所で陰干しすることが最適です。

 

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の通販販売店は?

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団の通販販売店についても調べてみました。

※2023年8月3日現在のものです。

●楽天市場
▲Amazon
●Yahoo!ショッピング

このようになっていましたので、楽天で購入できるようですね。

 

日テレ7系ショップでも名前がちょっと違いますがありました。

 

終了後はこちらから⇩

 

楽天カードをまだ持っていない方は、楽天カードを作ることですぐに利用できる2000円分のポイントがもらえます!

カードを持っていると今後の楽天でのお買い物ポイントが常に+2倍でオトクになりますよ!

詳細はコチラ

 

まとめ

マイクロフラッフィーブレスケット肌掛け布団は、梅雨時期&夏のジメジメした寝苦しさが気になる季節に活躍してくれそうです。

 

家庭洗濯機で丸洗いできるから安心だし、ほこりが出にくいというのもうれしいポイントですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。