ルルドスタイルEMSベルトプラスは効果なしなのか口コミや使い方!楽天やAmazonの価格は?

EMS器具

日テレポシュレやその特番で紹介されてる『ルルドスタイルEMSベルトプラス』は効果なしなのかや、リアルな口コミや使い方などもまとめてみました。

 

エクササイズにもできれば手軽な方が続けやすいですよね。

そういった便利グッズもいろいろあるけど、これはお腹まわりやお尻などに巻くだけで手軽にエクササイズができてしまうという便利なEMSベルトです。

 

このページでは、その特徴や期待できる効果や使い方と、リアルな口コミや通販販売店と価格情報を徹底調査してまとめてみました。

 

 

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスの効果や特徴は?

まずは、『ルルドスタイルEMSベルトプラス』の効果や特徴から見ていきます。

 

EMSベルトとプラスの違いはコレ!

ルルドスタイルからは、以前より「EMSベルト」が発売されていますね。

今回のプラスは日テレポシュレとルルドスタイルとのコラボ商品。

 

価格もいっしょだからこそ何が違うのかも気になりますよね。

そこで販売サイトで調べてみると、ずばり「」でした。

 

日テレポシュレはベルトの色が光の方向で変化するピンクオーロラで、中央の操作部分もシャンパンピンクになっています。

 

元祖ルルドスタイルEMSベルトは、シルバーとブラックですからね。

機能面や大きさなどはすべて同じでした。

 

そのため、どっちにしようか迷ったときには、キャンペーン価格になっていたり、ポイントがたくさんもらえる方を選んでもよさそうです。

 

お腹やお尻に巻くだけで手軽にEMSケアができる

こちらは、お腹やお尻、二の腕など気になる部分に巻くだけで手軽にEMSケアができるのもポイントです。

しかもシート部分の厚さは1㎜というルルドスタイルおなじみの極薄設計なので邪魔になることもあいませんよ。

 

本体も約125gととっても軽いから二の腕やお腹の巻いたままでも家事をしたりテレビを見ることもできます。

ながら使いをすることができるから、運動が苦手だったりしても継続しやすいのもうれしいポイントですね。

 

1回5分と短時間から使える

家事や育児、仕事と忙しいと、いくらトレーニング器具があっても使っている時間がないともったいないですよね。

でも、これは1回たったの5分から使うことができます。

 

というよりも、電源を入れると約5分で自動オフになるタイマーを搭載しているのです。

自動でオフになるから、エクササイズといっしょに巻いていても切り忘れる心配もありません。

 

モード設定やEMSのレベル調節もできる

EMSは正しい使い方をしていても感じ方は人によって違ってたりもしますよね。

そこでチェックしておきたいのが、レベル調整機能のあるなしです。

 

EMSベルトプラスでは、6段階の強度調整ができるので、使う人やその日の気分にあわせた強さで使うことができます。

 

さらに以下の3つのモードを搭載もしていますよ。

■30Hzモード(低周波):強い刺激のモード

■3000Hzモード(中周波):一定のリズムで筋肉を刺激

■10000Hzモード(高周波):波打つリズムで筋肉を刺激

 

また、EMSレベルを上げてもが弱く感じる場合はお肌が乾燥している可能性があります。

水をかけて水分がある状態で使うことで電気が流れやすくなるので感じやすくなります。

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスの仕様

サイズや充電時間なども見ておきましょう。

●サイズ:約W70×L1300×H20㎜
●重さ :約125g
●ケーブルなさが:約1m
●充電時間:約2.5時間
●連続稼働:約5時間
●素材:[操作部] ABS樹脂 [ベルト部] ポリ塩化ビニル

 

EMSベルトは痩せる効果なしなの?

EMSが電気刺激で筋肉に収縮を起こして運動につなげることができる!というものです。

最近ではトレーニング関係の製品にもよく使われていますよね。

 

そこで勘違いしてしまう人も多いけど、EMSには脂肪を直接減らすというような効果はありません

 

でも、筋肉を刺激することで間接的に脂肪燃焼のサポートは期待することができます。

筋肉量が増えることで基礎代謝はアップしていきますよね?

すると。よりたくさんのエネルギーが使われるようになるので、体内の脂肪をエネルギーにして使うことにもなるからです。

 

ネット上でもEMSの関連商品はたくさんあるけど、反だけで痩せたというような口コミはほとんど見ないですよね・

効果を出している人は、EMSを使いながらも適度な運動も並行して行っていたりしていることが多いです。

 

そういった意味ではEMSとぶるぶるエクササイズができる振動マシンのほうが良いのかもしれませんね。

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスの効果的な使い方は?

『ルルドスタイルEMSベルトプラス』は使い方もとても簡単です。

 

EMSベルトプラスの使い方

1:ベルトの内側をアトマイザーで4~5回吹きかけて湿らせる
※操作部に水がかからないように注意!

2:操作部が身体の前側に中央に来るようにベルトを体に巻き付ける。
※ベルト全面が素肌に触れるようにする

3:「電源/モード」選択ボタンを長押ししてON

4:「電源/モード」選択ボタンを長押しして好みのモードを選ぶ

5:EMSは±ボタンで6段階から調整できる

 

このように操作方法は簡単です。

約5分で自動オフになるし、急用ができて途中で留めたい場合も「電源/モード」選択ボタンを必要回数押すことでいつでもストップすることができます。

 

注意点としては、1回の使用は5分で同じ箇所への連続使用はお肌への負担になるので避けることです。

 

 

さらに効果的に使うのならベルトを巻いたまま有酸素運動をすることです。

有酸素運動は健康にもいいとよく言われていますよね。

 

筋肉を収縮させる時のパワーに酸素を使う運動のことで、一般的にはサイクリングやジョギング、エアロビクスなど、一定時間おこないながら少ない負荷をかけて行っていくものです。

 

一定時間行うメリットは、脂肪をエネルギー源として消費してくれるようになるから、ダイエット目的や脂肪を減らしながら筋肉を付けたい!という方に注目されています。

 

そこにルルドスタイルのEMSベルトプラスを巻いたまま有酸素運動をすることでより効率アップも期待できます。

自宅で行う方法としては、

●踏み台昇降

●ハーフスクワット

●腿上げ運動

などが有名ですね。

 

どれも自宅でできる方法なので、できそうな方法からチャレンジしてみましょう!

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスのデメリットや欠点は?

お家エクササイズのサポートにも便利そうですが、デメリットや欠点になりそうな部分をまとめてみます。

 

1回5分自動オフタイマー機能

電源を入れると5分で自動的に電源がオフになってしまいます。

EMSは使いすぎるのもダメとはいえ、1日20分以内までは使えるようなので、オフになるたびに再びONにしないといけないのが少し手間かな?

でも、5分もすれば湿らせたところも乾いてくるからこれがちょうどいいのかも。

 

ウエストサイズが約105㎝まで

EMSベルトといっても伸縮性はないので一定以上のウエストサイズになると使うことができないのです。

販売ページには、約105㎝までとなっていたので不安な場合は買う前に確認したほうがいいかも。

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスのリアルな口コミや評判は?

ここからは、『ルルドスタイルEMSベルトプラス』のリアルな口コミを見ていきます。

と思ったけど、新製品だったのでまだ参考になるような口コミはありませんでした。

 

そのかわり機能などはいっしょの「ルルドスタイルEMSベルト」の口コミをSNS上で見つけることができましたよ。

 

腹筋ローラーって私も使ったことがあるけど、かなりお腹の筋肉がないと戻ってこれないですよね…

でもこれならそんな心配もないし、EMSの強さについてもレビューを見る限りそれなりにありそうですからね。

 

ベルトだから巻いたまま家事やエクササイズなどをすれば、さらに効率よくトレーニングができそうです。

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスをおすすめする人は?

ポシュレで紹介されてる『ルルドスタイルEMSベルトプラス』は、次のような人におすすめのアイテムです。

 

お家エクササイズを効率よく行いたい人

●筋トレやエクササイズは続けられない人

●ポッコリお腹やたるんだお尻が気になる人

 

ルルドスタイルEMSベルトプラスの通販販売店と価格!楽天やAmazonは?

さいごに、『ルルドスタイルEMSベルトプラス』の通販販売店とその価格を調べてみました!

※すべて2022年4月19日の税込み価格です。

●ポシュレ楽天:7,700円(送料無料)、2個12,800円(送料無料)
●Amazon  :なし
●Yahoo!  :7,700円(送料無料)、2個12,800円(送料無料)

ポシュレとルルドスタイルとのコラボ商品なので日テレポシュレ系ショップ限定で買うことができます。

 

今なら2個セットが安いので家族ように買うのにもいいですね!

\EMSベルトプラスを詳しく見てみる/

 

※「○○で探す」から各通販サイトの取り扱い店すべてチェックできます。

 

ちなみに単品なら「ルルドスタイルEMSベルト」のほうが送料無料ショップが多いのでポシュレよりもこちらがお得⇩

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。

 

■関連記事はこちら:

>>『TBCスレンダーパッド2DX』の特徴や機能、口コミ評判・使い方・販売店まとめ

>>TBCスレンダーパッド2PROとは?DXや通常版との違いや特徴、口コミ評判・使い方まとめ

>>ヤーマンのダブルヒートEMSのダイエット効果は?口コミや特徴・価格をまとめてみた