キュッポリンの口コミや効果とメリットやデメリットは?使い方や類似品との比較や通販販売店も

お役立ち情報

TBSのレッツ美バディ内キニナルマーケットやタカトシのイチ押しかっで紹介された『キュッポリン』のリアルな口コミや効果と類似品との違いなどを比較してみます。

 

「運動不足を解消したい」

「お家で手軽にできる運動方法を知りたい」

 

そんな方にピッタリなのが、このキュッポリンです。

うえで軽いジャンプ運動をするだけで、効率よくカロリー消費量をアップすることができるエクササイズクッション!

 

しかも、トランポリンのように場所をとらないし、片付けもラクにできるのもうれしいポイントです。

 

それではさっそく、その特徴やリアルな口コミや効果、メリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

 

 

キュッポリンとは?

『キュッポリン』は、これ1つでいろいろなトレーニングやストレッチができるダイエットグッズです。

最近いろいろなメーカーから発売されているトランポリン型クッションです。

 

有酸素運動や筋トレ、体幹運動、ストレッチなどのように、さまざまな使い方をしながらエクササイズができるのです。

縄跳びなどをするよりも、膝や腰にも優しく作られてるから、楽しくお家エクササイズができそうですね!

 

キュッポリンの特徴は?

ここからは、キュッポリンの特徴について見ていきます。

 

静音設計で静かに使える

室内用トランポリンだと、音が響いて家の中で使うことができない・・・という人も少なくないと思います。

でも、ジムに行く時間やお金はない…

 

キュッポリンなら、静音設計になっているのでこういったお悩みのある方にもピッタリです。

衝撃吸収性クッションが2つも材質に組み込まれてるので、運動しているときの音はたったの45dBです。

一般的に、日常生活で「静か」と感じることができるのが、45dB以下とされています。

 

これは、日常会話をしているよりも静かなレベルなので、マンションやアパートなどでも使いやすそうですね。

 

コンパクトでどこでも置ける

本体はとってもコンパクトなので、どこでも置いて使うことができます。

 

使わないときにも省スペースで収納できるし、普段はクッションとして使えば片付ける手間もなくなりますね!

狭い室内での運動やエクササイズをするのにも最適です。

 

トランポリンよりも安全で簡単

室内用のトランポリンもかなり高くとぶことができるので、これでジャンプ運動を挫折したという人も少なくないと思います。

 

でも、これならそんなに高くジャンプすることができないですし、脚の指先がクッションから離れるかどうかくらいでいいので、安全性も高く簡単に使うことができるようになっています。

 

キュッポリンの耐久性は?

クッション型トランポリンで心配なのが耐久性ですよね。

 

でもこちらは、第三者機関による3種類の試験をクリアしているのです。

・50万回の耐久試験
・耐荷重試験
・品質検査

しっかりと検査模してクリアしているので、すぐにへたってしまうということはなさそうですね。

 

ただ、適応体重が100㎏以下となっていますので、これよりも重たいとへたりやすくなってしまうので、気を付けてくださいね。

 

キュッポリンで期待できる効果は?痩せるの?

キュッポリンもジャンプ運動ができるエクササイズクッションです。

そこで気になってくるのが「痩せるの?」という疑問ですよね。

 

もちろんすぐに効果が出るものではないけれど、メーカー調べだと通常のウォーキングと比べて、

 

✅腹斜筋:約231%にUP

✅腹直筋:約372%にUP

✅消費カロリー量:約6倍以上にUP

※ユニチカガーメンテック調べ

 

 

というように高い効果が期待できるというのです!

 

つまり、毎日正しい使い方で続けることで、スッキリボディを目指すことができそうですね。

 

キュッポリンの効果的な使い方

『キュッポリン』は使い方もとっても簡単ですが、いろいろな用途で使えます。

 

軽いジャンプを連続して行う

指先が離れるかどうかの小さいジャンプを連続でお濃かったトランポリン運動ができます。

 

踏み台昇降運動

乗ったり降りたりと、踏み台昇降運動をすることで下半身の筋肉量アップ効果が期待できます。

 

乗ったまま足踏み

ジャンプができなくても、そのまま足踏みをするだけでも体幹トレーニングになります。

 

背すじの運動・ストレッチ

うつ伏せで上半身をキュッポリン本体の上にのせて、背中を反るようにすることで背筋運動やストレッチに使える。

 

低価格にもかかわらず、内部には、49個ものコイルスプリングが入ってるから、バネが独立して反動力をサポートしてくれるから、楽しくジャンプができるというわけです。

 

他にも運動しないときにはクッションとしても活躍するので、毎回収納する必要がないのもうれしいポイントですね。

 

キュッポリンのリアルな口コミや評判は?

ここからは、「キュッポリン」を実際に使ったリアルな口コミを見ていきます。

と思ったのですが、新製品のためまだ参考になるような情報はありませんでした。

 

見つかりましたら、あらためてご紹介しますね。

それまでは同じような使い方ができる類似品の口コミを参考にしてみてください。

 

キュッポリンと類似品の違いを比較してみる

キュッポリンは、四角いデザインのクッショントランポリンです。

 

これまでにも似たようなデザインのものはいろいろなメーカーから発売されていますよね。

そこで、類似品との違いも比較していきますね。

⇩⇩

キュッポリン シェイプキューブ ホームジャンプグッデイ
サイズ(約) 49×49㎝ 45×45㎝ 50×50㎝
高さ(約) 16㎝ 20㎝ 20㎝
重さ(約) 3.2㎏ 4.2㎏ 2.5㎏
耐荷重 100㎏ 100㎏ 100㎏
四角形 四角形 四角形
税込価格 9,980円 18,480円 7,490円

 

テレビで紹介されたり低価格な類似品と比較してみました!

 

シェイプキューブ

めざましテレビやスッキリ、ZIP!などのテレビ番組で紹介されていて、購入者の満足度も93%という大人気クッショントランポリン。

 

独自の衝撃吸収クッションで、脚やヒザ、腰への負担を軽減するほか、着地の衝撃も吸収するので、マンションでも夜間でも安心して使えると評判です。

リアルな口コミやお得な通販販売店などは下記記事をどうぞ⇩

 

 

ホームジャンプ グッデイ

以前に女神のマルシェで紹介された低価格なクッショントランポリン。

安さの理由は中材で、こちらは3層構造と他のものと比べると少ないのがやや残念ポイントです。

 

ただ、こういったものを使ったことがないから試してみたいという人には最適ですね。

こちらもリアルな口コミなどは下記記事でまとめています⇩

 

キュッポリンのメリットやデメリット

いつでもお家エクササイズができる『キュッポリン』ですが、ここでメリットとデメリットについてもまとめておきます。

 

デメリットは?

・本体は洗えない
・トランポリンのような反発力はない
・どこでも買えるようなものではない

 

メリットは?

・自宅で手軽に使える
・インテリアに馴染むデザイン
・静音性がある
・類似品と比較しても安い
・子供のストレス解消にもなる

 

静音性も高いからアパートやマンションなどでも使うことができそうだし、毎日続けることでダイエット効果も期待できそうですね!

また、今回比較した中では高さも低めになっているから、踏み外したときにも安心感がありますね。

 

キュッポリンをおすすめする人は?

tbsキニナルマーケットで紹介の『キュッポリン』は、次のような人におすすめのトランポリンです。

 

普通のトランポリンだと大きくて置き場所がない人

●自宅で手軽にエクササイズや筋トレをはじめたい人

●耐久性のあるクッション型トランポリンを探してる人

 

キュッポリンの通販販売店と価格は

さいごに、『キュッポリン』の通販販売店とその価格についても調べてみました。

※すべて2022年4月30日現在の税込み価格です。

●TBSショッピング楽天:8,980円+送料1,008円
●Amazon:10,988円(送料無料)
●Yahoo!:8,980円+送料1,008円

 

このように、TBSショッピング系が安くなっていましたよ!

楽天やヤフーならポイントももらえるからお得だね♪

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。

 

ジャンプ運動はきつい…という場合は、振動+EMSのぶるぶるエクササイズもおすすめ!

 

■おすすめの関連記事:

>>ハイブリッドコアの口コミ評判や痩せる効果と最安値は?類似品との違いも比較

>>振動マシンの通販で売れてるおすすめ人気ランキング【保存版】