バウンドクッションtwinと従来品を比較!口コミや効果と使い方も徹底調査!

振動マシン・トレーニング器具
[広告]

東急スポーツオアシスの『バウンドクッションtwin(ツイン)』と従来品との違いやリアルな口コミ、効果などをまとめてみました。

 

フィットネス器具はいろいろあるけど、これは座ったままでも簡単に下半身の筋肉をシェイプアップできるというフィットネスクッションです。

立って使うものよりも、椅子やソファに座って使えるから転んでしまうリスクもなく、テレビやスマホを観ながらでも使えるから、続けられそうですね。

 

このページでは、その特徴や効果と、従来品との比較やリアルな口コミ、使い方などを徹底調査してまとめてみます。

 

 

バウンドクッションtwinの口コミや評判は?

まずは『バウンドクッションtwin』のリアルな口コミや評判からまとめていきます。

と思ったのですが、発売したばかりだったので参考になるような口コミはまだありませんでした。

 

そこで、少し違いはあるけど従来品の口コミをSNSで調べてみましたよ。

 

新旧で違いはあるけど、ながら使いができるから、椅子に座ったまま仕事をしたり、テレビを観たりできるのは便利そうですね。

どんな運動やトレーニングも継続することが大切だけど、これならながら使いで楽に続けられそうだね!

 

バウンドクッションtwinの効果や特徴は?

『バウンドクッションtwin(ツイン)』の効果や特徴を簡単にまとめてみました。

 

・座ったまま下半身エクササイズができる
・ストレッチに使える
・ながら使いで続けやすい
・部屋になじむデザイン性

それぞれもう少し具体的にみていきます。

 

座ったまま下半身エクササイズができる

バウンドクッションtwinは、ばねの反発で足を引き上げ股関節を大きく動かすことができます。

 

このばねの負荷によって踏み込むときに、つま先を持ち上げることで、転倒やつまづきなどを予防する筋肉も刺激することにもなります。

 

基本的に、椅子に座って、クッションに足をのせたら両足を真下の踏み込んで、な根の反動を利用してリズミカルにバウンドを繰り返すエクササイズ方法になるので、運動不足だったり、高齢者のトレーニングにも使いやすそうですね。

 

 

ストレッチに使える

デスクワークやスマホ、勉強などで前傾姿勢になった体のリセットに、ストレッチ用に使うこともできます。

 

胸の下に置いて仰向けで寝れば、自然と胸が開いた状態になるし、腰の下に置いて両腕を上に伸ばせば全身ストレッチに使うことも可能です。

 

運動以外にもいろいろな使い方ができるから、使うことを習慣化させやすいというメリットもありますね!

ながら使いで続けやすい

トレーニングやエクササイズは、継続しないことには効果があるかわからないものですよね。

でも、続けるというのが一番大変です。

 

バウンドクッションtwinは、電源不用なのでどこでも持ち運んで使えるから、テレビを観たりスマホを操作しながらでも足元に置いて下半身を鍛えることができるのです。

飽きっぽい人でも、これなら継続ができそうな感じがありますよね!

 

部屋になじむデザイン性

トレーニング器具やエクササイズグッズというと、硬いイメージもあるけど、バウンドクッションシリーズは、従来品からインテリアにも馴染みやすいおしゃれなデザインになっています。

 

今回も、部屋に出しっぱなしにしても運動グッズには見えにくいから、急な来客があっても安心ですね。

 

バウンドクッションtwinの使い方は?

バウンドクッションtwinの使い方はとっても簡単です。

 

バウンドクッションtwinの使い方
1、椅子に座る

2、足元にバウンドクッションを置く

3、脚をのせてリズミカルに交互にバウンド動作を繰りかえす

基本的な使い方はこのように座って手軽にできるようになっていますよ。

 

仕組みとしては、ばねの反発で脚を引き上げて股関節を大きく動かすというものです。

バネに負荷により踏み込むときにつま先を持ち上げることで、転倒やつまづきなどを予防する前脛骨筋も刺激できます。

 

他にも、以下のような使い方ができますよ。

全身ストレッチ

クッションを腰の下に置いて、両手は上に伸ばしてあおむけで寝る。久を曲げたところから少しずつ手足も伸ばしていく。

 

胸を開く

クッションを胸の下に置いて仰向けで寝る。両手は横に広げて、膝を曲げたところから少しずつ手足を伸ばす。

 

他にもいろいろな使用方法があるのですが、付属のエクササイズガイド(取扱説明書内)で写真付きでわかりやすく掲載されているので安心ですね。

 

バウンドクッションtwinと従来品の違いを比較

バウンドクッションtwinもよさそうだけど、東急スポーツオアシスからはバウンドクッションという旧モデルは今でも人気がありますね。

 

そこで新旧の違いについて比較して表にまとめてみます。

バウンドクッションtwin 従来品
大きさ(約) 幅300㎜
奥行310㎜
高さ240㎜
幅320㎜
奥行270㎜
高さ220㎜
重さ(約) 2.2㎏ 2.0㎏
耐荷重 記載なし 100㎏まで
カラー オレンジ
ブラウン
レッド
ブラウン
グリーン
グレー
材質 ポリエステル、ウレタン、鉄 ポリエステル、ウレタン、鉄
付属品 取扱説明書
エクササイズガイド
取扱説明書
エクササイズガイド
特徴 2つに分かれたバウンド面で下半身・下腹・股関節にトリプルアプローチ。
ストレッチに使える
両脚で踏み込む&反動で下半身の筋肉にアプローチ。
ストレッチに使える
希望小売価格 13,800円 10,978円

価格は2022年8月28日現在の情報です。

 

仕様についても少し違いがあるけれど、大きなポイントはその形状です。

 

従来品は、両脚でクッションを踏み込み、ばねの反発力で脚が上がるということを繰り返す運動で、脚の筋肉や大腰筋まで刺激していました。

 

ところが、twinになったことでウサギの耳みたいなデザインに変更されています。

すると、片足ずつ踏み込み運動ができるから、歩いているかのような使用感でリズミカルにバウンド運動ができるようになったのです

 

従来品とは違い、クッションの上にお尻をのせて座って、左右交互に引き上げるなど、使い方の幅も広がっているのもうれしいポイントですね。

 

\旧モデルのバウンドクッションの口コミなどはこちらをどうぞ/

 

バウンドクッションツインをおすすめする人は?

バウンドクッションツインは、次のような人におすすめのフィットネスくしょんです。

 

●下半身の筋トレグッズを探してる方
●エクササイズやストレッチができるクッションを使いたい人
●手軽にエクササイズをしたい人

 

バウンドクッションtwinの通販販売店と価格は?

さいごに、『バウンドクッションtwin』の通販販売店とその価格について調べてみました。

※すべて2022年8月28日現在の税込み価格です。

●楽天市場:10,978円(送料無料)
●Amazon:10,978円(送料無料)
●Yahoo!:10,978円(送料無料)

 

楽天やヤフーはポイントももらえてお得ですね。

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。

 

従来品のバウンドクッションの販売店や口コミはこちら⇩

>>バウンドクッションの効果や使い方は?口コミ評判から分かったおすすめできない人とは

 

電源不用!下半身トレーニンググッズの関連記事

>>ミズノスクワットスリールαの口コミや効果は?旧モデルとの違いとおすすめ販売店

>>コアツイスターの痩せる効果や口コミは?類似品や使い方とおすすめ通販販売店は?

>>オアシスながらクッションDOMEの効果や口コミ!使い方まで徹底調査!