ティファールのクックフォーミーエクスプレスCY8521JPとCY8511JPの違いは?比較してみた

キッチン家電

クックフォーミーエクスプレスCY8521JPとCY8511JPの違いや口コミが気になってる!

ティファール方発売してる電気圧力鍋のクックフォーミーエクスプレスは、材料を入れたらボタンを押すだけで簡単にいろんな調理をすることができる優れものです。

仕事から帰ってきても圧力調理をしてくれるので、下準日さえやってしまえばあとは自動でできるので、他の家事や掃除ができたりしてとっても便利ですよね。

忙しい主婦から人気を集めています。

でも、クックフォーミーエクスプレスには、CY8521JPとCY8511JPというように型番が異なるものも販売されてるので、どんな違いがあるのか気になりますよね~。

そこで今回は、クックフォーミーエクスプレスのCY8521JPとCY8511JPの違いを比較しながら、特徴やネット上で集めた口コミについてもまとめてみました。

 

\紹介動画はこちらをどうぞ/

 

クックフォーミーエクスプレスCY8521JPとCY8511JPの違い

クックフォーミーエクスプレスは、レシピ内蔵タイプの電気圧力鍋だから。献立選びや料理作りも手軽にできるという魅力があります。

でも、型番でどんな違いがあるのかについても詳しく見ていきましょう。

 

違い1:内臓レシピの数

まず一番の違いとしては、搭載されてるレシピ数の数です。

・CY8521JP:210レシピ

・CY8511JP:150レシピ

どちらもレシピ数はとっても多いのですが、「8521番」のほうがさらに60レシピも多く搭載しているのが特徴です。

数が多いのは、ESSEとコラボ開発をした1週間レシピや無水調理レシピの他にも、前菜やメインディッシュ、デザートなど種類が増えたことからです。

そのため、毎日いろいろなメニューを手軽に調理することができるというのが魅力ですね。

無水調理レシピはこちらのほうにしかないので、購入する際には間違えないように気を付けたいところです。

 

違い2:無水調理レシピが追加

最新モデルのCY8521JPでは、無水調理レシピも4つ追加されています。

☑魚介のガーリック風

☑ビーフシチュー

☑ベジタブルカレー

☑牛すじこんにゃく煮

無水調理は素材のうまみを引き出して調理することができるので、レシピが増えるだけでレパートリーも増えるからうれしいですね。

 

大きな違いはこれくらいでした。

 

ティファール「クックフォーミーエクスプレス」の特徴や機能

大きな違いといっても内臓レシピの数だけということですので、マニュアル操作を考えているのならそこまで気になる必要はなさそうです。

そこでここからは。共通の特徴や機能について詳しくチェックしていきたいと思います。

 

特徴1:圧力調理で時短調理

電気圧力鍋のクックフォーミーエクスプレスは、密閉することで高温調理をすることができます。

そのため、調理時間を最大3分の1まで短縮することができるのです。

忙しい時は、仕事から帰宅した後でもこれだけ調理時間を短縮することができれば十分助かりますよね。

 

特徴2:大容量サイズの電気圧力鍋

電気圧力鍋の中には「サイズが小さい」といったレビューを見かけることもありますよね。

でも、クックフォーミーエクスプレスは6Lの大容量タイプになっているのです。

炊飯で使えば10合まで対応しているし、お料理で使うのなら6人分までたっぷりと作ることができるのが特徴です。

4人家族でも、突然のお客さんが来たときにも十分賄える量を一度に作れるので、何度も調理する手間もなくなるところはうれしいですね。

 

特徴3:お手入れがしやすい

おでんやカレー、肉じゃがに、ご飯を炊くことさえもできてしまう電気圧力鍋。

でも調理するものによっては、においがこびりついたり、内なべにびっしりとのこってしまうものもありますよね~。

そんなときにも、こちらはお手入れが簡単な使用になっています。

内側にはこびりつきにくいセラミックコーティングをほどこしているので、さっと洗い流すことができるし、鍋事態も軽いので手や腕への負担も少なく洗いやすいようになっています。

使った後の洗いものの手間を軽減することができるのもうれしいポイントですね。

 

特徴4:1台7役のすぐれもの

クックフォーミーエクスプレスは、1台7役で毎日のお料理で使いやすくなっています。

●圧力調理:時間のかかる料理も時短できる!

●炒める:ふたを開けたまま炒めて、チャーハンや焼きそばが作れる

●煮込む:カレーや煮物などの煮込み料理がほったらかしでできる。

●蒸す:温野菜や茶わん蒸しなど蒸し料理ができる

●炊飯:白米や玄米・おかゆ・持つ米の炊飯が可能

●保温:最大5時間の保温ができる

●再加熱:最大3時間の再加熱ができるので温めなおしに便利。

作りたいメニューに合わせて、いろいろなモードを使い分けることで毎日の料理の手間や時間を軽減することができるのです!!

 

その他仕様

●消費電力:1200W

●サイズ(約):幅38×奥行き35×高さ32.5㎝

●重さ (約):6.5㎏

●コード長さ :1.5m

●圧力調理一定:70kPa

●通常調理  :強火(160℃)、中火(90℃)、弱火(75℃)

●再加熱   :70℃

●保温    :63℃

 

クックフォーミーエクスプレスの使い方

ティファールの電気圧力鍋「クックフォーミーエクスプレス」は使い方もとっても簡単です。

ステップ1:レシピと材料、人数を選ぶ

ステップ2:表示の通りに材料を入れる

ステップ3:ボタンを押す

たった3ステップでできるので、誰でも簡単においしい料理を作れるようになるし、ボタンを押した後はほったらかしOKなので、のんびりしたり掃除や洗濯ものを片付けることもできるのです。

 

210レシピ内蔵タイプの動画もありました。

\動画はこちら(2分13秒)/

動画で見ても、その使い方がとっても簡単というのが良くわかりますね。

 

クックフォーミーエクスプレスの口コミと評判

クックフォーミーエクスプレスは、雑誌などでも紹介されるほど大人気の電気圧力鍋です。

そこでここからは、実際に購入して使ってる方のリアルな口コミや評判についても見ていきましょう。

 

悪い口コミと評判はこちら

●いろいろと使えるので便利だけどかなりデカいので置き場所に困った。(共通)

●味は個人差もあると思うけど、付属のレシピの通りにすると少し物足りなさを感じる。

●目的のレシピにたどり着くまでダイヤルを回し続けるのがめんどくさい。

●一升炊きの炊飯器よりも大きいので、買う前に置き場所は考えておいたほうが良いと思う(共通)

●予約調理ができればもっと良いと思う。(CY8511JP)

 

良い口コミと評判はこちらから

●鍋は片手でも楽々持ち上げられるほど軽いので、洗い物も全然区ではありません。

●レシピよりもちょっと多めに加圧したら、骨まで柔らかい鰯のショウガ煮ができました。

●具材を入れてボタンを押せば自動調理でおいしい料理ができます。しかもその後は自動で保温モードになるので放置しても夕飯時にアツアツが食べられるので、育児に専念できるのは助かります。

●内臓レシピは、分量も決まっているし、失敗しやすい火加減も自動でやってくれるので、失敗する可能性はほとんどないです。

●1時間で3~4品作ることができるので料理に時間のかかる私的には感激です。

●カレーを作ってみました。圧力をかけるだけで野菜の甘味が増してめちゃめちゃおいしい!!

●普段は作らないメニューも気軽にチャレンジできるので楽しいです。

●1台で調理ができるから、フライパンや鍋も使わないので調理台もすっきりします。

 

口コミと評判まとめ

内蔵されているレシピも豊富にあるので、メニューを考えることも少なく済むところはうれしいですよね♪

今回いろいろと口コミを調べてみたけれど、材料を入れたらメニューを選んでボタンを押すだけで簡単においしい料理ができて便利という声が多かったです。

使い方も簡単だし、お手入れもしやすいところも高く評価されていましたね。

 

ただ、サイズがかなり大きいということを皆さんいってますので、購入前にどこに置くのかを考えたほうがよさそうです。

 

クックフォーミーエクスプレスの通販販売店

ティファールのクックフォーミーエクスプレスのCY8521JPとCY8511JPは、楽天市場やAmazonなどの通販サイトで販売されています。

 

クックフォーミーエクスプレスCY8511JPの販売店

▼楽天やAmazonで価格を見てみる

 

クックフォーミーエクスプレスCY8521JPの販売店

▼楽天やAmazonで価格をチェック

 

価格はショップによって違いがあるものの、どちらにしても最新型の「CY8521JP」のほうが少し高めになっています。

 

まとめ

今回は、ティファールのクックフォーミーエクスプレスCY8521JPとCY8511JPの違いや特徴、そして口コミなどについていろいろ調べてご紹介しました。

そこまで大きな違いというほどのものはないので、内臓レシピの数や無水調理レシピをするかどうかで、どちらにするかは選んだほうがよさそうです。

 

サイズについてはどちらも同じで大きいので、購入される際には少しゆとりをもって置き場所を確保しておいたほうがよさそうです。

とはいえ豊富なレシピが内蔵されているので、1年中いろんなメニューを楽しむことができるし、料理にかかる時間を短縮することができるというのは魅力ですよね♪

ぜひ、あなたに合った機種を選んでみてくださいね^^