グッドシェイプボーテに痩せる効果や口コミは?使い方や類似品と違いも比較!

振動マシン・トレーニング器具

日テレポシュレで紹介された振動+EMSマシン『グッドシェイプボーテ』に痩せる効果があるのかやリアルなクチコミ、使い方などをまとめてみました!

 

内転筋をエクササイズは下半身を引き締めたい!という人に人気がありますよね。

でも、内ももの筋肉を鍛える方法というと、ワイドスクワットやサイド欄時など、かなりツラいメニューなものが多いのであきらめてしまう人もいるほどです。

 

グッドシェイプボーテはそういった人におすすめの器具ですよ。

内ももで落とさないように挟んでブルブルさせるだけで、内転筋を刺激することができるのです!

 

このページでは、その特徴や効果と、リアルなクチコミや使い方、似た商品と比較しながら違いなども徹底調査してみました!

 

 

 

グッドシェイプボーテの評判や口コミ

まずは、グッドシェイプボーテを実際に買って使ってるリアルなクチコミからまとめていきます。

と思ったのですが、まだ発売されたばかりだったので参考になるような口コミはありませんでした。

 

この後の比較で紹介している似た商品の口コミを参考にしてみてくださいね。

 

グッドシェイプボーテの効果や特徴は?

グッドシェイプボーテの効果や特徴を、まずは簡単にまとめてみました。

1:1日10分足で挟むだけ
2:ながらトレーニングができる
3:EMS搭載
4:リフレッシュやストレッチに使える

 

それぞれもう少し具体的にみていきますね!

 

1:1日10分足で挟むだけ

グッドシェイプボーテを使う時間は、1日たったの10分だけでもOKです。

本体を内ももで落とさないように挟むことで、太ももやお腹、お尻を一気にまとめてエクササイズすることができますよ!

 

これだけの効果が期待できるのは、その振動にあります。

1分間でおよそ3000回もの振動があるので、これを落とさないようにしっかりと力を入れることで、背筋も伸びて内転筋から連動するお腹やお尻周りの筋肉を効率的に刺激することができるからですね。

 

その効果もメーカーが調べてくれていますよ。

グッドシェイプボーテをタダ太ももに挟んでるときと、ブルブル振動させた状態で挟んだときの筋活動量は約1.8倍にアップしたというデータもあるほどです。

 

ツラいスクワットなどの筋トレをしなくても、これなら短時間でも効率よく鍛えることができるのはうれしいポイントですね!

 

2:ながらトレーニングができる

グッドシェイプボーテは、立ったり座っても使うことができるのです。

 

しかも、付属品にあるサポートベルトを使うことで両手も自由になるから、いろいろな部位をぶるぶるエクササイズができます。

 

テレビや仕事をしながらの”ながらトレーニング”ができるというのもうれしいポイントですよね。

1回10分といっても、ぼ~っと使うよりも、他のことをしながらのほうがあっという間に終わるからストレスもかかりませんからね。

 

飽きっぽい人や運動が苦手な人こそ、ながらトレーニングがおすすめですよ。

 

3:EMS搭載

グッドシェイプボーテには、振動機能だけではなく、EMSも搭載しています。

 

EMSは微弱な電気で筋肉を刺激することができるので、普段の生活やトレーニングでは使わないような筋肉にアプローチできるのが特徴です。

 

グッドシェイプボーテでは、「振動+EMS」と「EMSのみ」といったような使い方もできますよ。

EMSのみなら、椅子やソファなどに座りながら、電動パッドの上にはだしで足をのせるだけでいいから、音の心配もなく気軽に使いやすいのもうれしいポイントです。

 

4:リフレッシュやストレッチに使える

グッドシェイプボーテは、疲れた身体のリフレッシュや仕事終わりのストレッチに使うこともできます!

 

使い方のコツとしては、

 

背中・腰

背中や腰の下に本体を置いて、その上で仰向けで寝て使うと、猫背など丸まった背中を伸ばして肩甲骨周辺の筋肉を揺らしながら刺激することができます。

 

ふくらはぎ

振動する本体の上にふくらはぎをのせるだけでも心地よく刺激してリフレッシュすることができます。

 

内転筋が衰えるとどうなる?

内転筋というのは、意識的に使おうとしない限りはなかなか使うことのない筋肉ですよね。

だからこそ、知らない間に衰えやすいのです。

 

そして、内転筋は体幹部の筋肉とも関係しているので、弱まってくるとお腹に力が入りにくくなって、ぽっこりお腹の原因になることも。

 

また、筋力バランスによって外側に引っ張られやすいので、がに股のように脚が外側に開いてしまい、実際よりも脚が太く見えてしまうこともあるそうですよ。

 

だからこそ、内転筋を鍛えて太もものたるみを引き締めたりするんですね。

 

グッドシェイプボーテの効果的な使い方や使用時間の目安は?

グッドシェイプボーテは、筋トレと同じように毎日使うことが大切です。

ただやみくもに使えばいいというわけではありません。

 

ここでは、使い方のポイントや使用時間の目安などについてまとめてみました!

 

グッドシェイプボーテの基本的な使い方

1:電源を入れたら太ももでしっかり挟む

2:10分経過で自動的に電源オフ

 

このように基本的な使い方はとても簡単ですよ。

 

ほかにも、サポートベルトを使うことでふくらはぎや腰にセットしてぶるぶるエクササイズすることもできます。

椅子やソファに座りながらも使えるから、テレビを観たり読書をしながら、お肌のケアをしながら使うこともできますよ!

 

ここからは注意点や使用時間などについてもまとめていきますね!

 

●振動モードは連続で10分まで
●EMSは連続10分までで、1日各部位3回を目安にする
●EMSは同じ部位に使う場合は、3時間以上時間を空けてから使う
●フローリングなどの⇧で使う場合は、クッション性のあるマットを敷いて使う
●EMSは電動パッドを肌に直接密着させない通電しない
●EMSは肌が乾燥してると痛みを感じることがある
●EMSは弱いレベルから少しずつレベルを上げていく

 

どんなに良いものも正しく使えないと効果を発揮できません。

また、振動も強いから床において使う場合はその対策もしっかしとしておくようにしてくださいね。

 

グッドシェイプボーテと類似品を比較検証!

内転筋をトレーニングするのは、グッドシェイプボーテだけではありません。

通販ではジェットスリムボディMaxやシェイプツインボールなどは長く人気があるので、この3機種を比較して違いを調べてみます。

 

グッドシェイプボーテ ジェットスリムボディMax シェイプツインボール
サイズ 28×15×15㎝ 13.5×10.5×26㎝ 9×9×19㎝
重さ 約1.2㎏ 約870g 約810g
振動回数 MAX3,000回/分 MAX約4,900回/分 MAX約4,000回/分
充電時間 約8時間 約3時間 約3.5時間
連続稼働 LOW約60分
MID約50分
HI約40分
MAXモード約40分
リラックス約360分
振動レベル5約2時間
EMS機能
耐荷重 90㎏ 90㎏ 記載なし
※強く圧をかけたりしない
ようにという注意事項あり
税込価格 24,800円 20,000円 8,980円

 

このようになっていますね。

 

コンパクトで軽いということをメインで選ぶのなら、シェイプツインボールが一番小さく軽量です。

また、デザインもピーナッツみたいなかわいいカタチをしているのも他2つとの大きな違いでもありますよ。

振動レベルも5段階からと細かくセットできるから、使う部位に合わせた強さでボディケアができますね!

 

ジェットスリムボディMaxは、ディノス企画商品で旧モデルから人気も評価も高い振動マシンです。

こちらもサポートバンドがセットになっているから、腰や背中のリフレッシュに使いやすく、両手も自由になるから家事をしながらでも使うこともできますよ。

 

振動回数がコチラは他2つとは少し違っていて、以下のようになっています。

・弱(約1,900回/分)
・中(約3,000回/分)
・ウェーブモード(約1,900~3,600回/分)
・マックスモード(約1,900~4,900回/分)
・リラックスモード(約1,100回/分)

 

ただの強弱だけではなく、モード機能を搭載してるのでお尻・太もも・お腹など、大きい筋肉までしっかり負荷がかかります。

 

グッドシェイプボーテの注意点は?

類似品と比較しても、グッドシェイプボーテはかなり使い勝手は良さそうですね。

ですが、注意点もあるのでしっかり確認しておきましょう!

 

・本体に水をかけたり、水に浸けたり、丸洗いはできません。
・医療行為には使えません。
・頭部や首には使えません。
・EMSを使う場合は直接肌を導電パッドに密着させる。
・硬い床の上で使用する場合は、ヨガマットなどの滑りにくくクッション性のあるものを敷く。

 

グッドシェイプボーテをおすすめする人は

日テレポシュレで紹介されたグッドシェイプボーテは、次のような人におすすめのぶるぶるマシンです。

 

●正しく使うことができる人
●自宅で手軽な運動をはじめたい人
●リフレッシュに使いたい人

 

グッドシェイプボーテの通販販売店と価格!

さいごに、『グッドシェイプボーテ』の通販販売店とその価格について調べてみました。

※すべて2022年6月22日現在の税込み価格です。

●ポシュレ楽天:24,800円+送料820円
●Amazon  :24,800円+送料820円
●Yahoo!  :24,800円+送料820円

日テレポシュレ系ショップで取り扱いがありますね。

気になる方は早めにチェックしておいてくださいね。

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。

 

お家エクササイズやトレーニングならこちらの記事もおすすめ⇩