ミーゼニードルヘッドスパリフトの効果や口コミ!従来品との違いや類似品はコレ!

美容家電
[広告]

ヤーマンの『ミーゼニードルヘッドスパリフト』が新しく登場したけど従来品とどっちを買おうか迷う…

 

頭皮ケアアイテムもいろいろありますが、ヤーマンのニードルヘッドスパは新開発したという3Dニードルブラシを採用することで、エステを超えるような集中ケアができるというのです。

 

自宅でエステのようなヘッドスパが手軽に体験できるようになるというのはうれしすぎる!!

 

このページでは、その特徴や効果とリアルな口コミや従来品との違いなど徹底調査してまとめてご紹介していきます。

 

 

ヤーマンミーゼニードルヘッドスパリフトの口コミ

まずは、ヤーマンのミーゼニードルヘッドスパリフトのリアルな口コミから見ていきましょう。

 

いい口コミ

 

いい口コミだと、ニードル型アタッチメントがやっぱり評判が良さそうですね。

 

また、頭皮に使うのはもちろんだけれど、デコルテなど他の部位に使うことができるというのもうれしいポイントです。

充電式コードレスだし、お風呂で使うことができるから、忙しい時でもバスタイムで使えるのは便利ですね!

 

悪い口コミ

SNS上だとまだ悪い口コミというのはありませんでしたよ。

 

動作音についてもこのような投稿もありますからね⇩

 

ただ5分で自動停止するようになっているので、人によっては物足りなく感じるかもしれませんね。

まだ新しいので口コミ自体が少ないけれど、かなり使い心地は良さそうですね^^

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトの4つの特徴

ミーゼニードルヘッドスパリフトの特徴をまずは簡単にまとめてみました。

1:ニードル型ブラシを採用してる
2:2種類のアタッチメントでフェイスケアもできる
3:お風呂で使える防水性能
4:3Dラウンドフォームで刺激

それぞれもう少し具体的にみていきますね。

 

1:ニードル型ブラシを採用してる

ミーゼニードルヘッドスパリフトには、商品名にもなった「ニードルブラシ」というのが大きなポイントになっていますよ。

 

ニードル形状にブラシをとがらせることで、お肌への接地面をできるだけ少なくして、強い刺激を実現しています。

 

ブラシ部分は長さ約9㎜のニードル形状のブラシが48本もあるのです。

これが、人の手ではマネすることができない刺さるような体感になってるということですね。

 

2:2種類のアタッチメントでフェイスケアもできる

ミーゼニードルヘッドスパリフトには、2種類のアタッチメントがありますよ。

①:ニードルアタッチメント
②:もみだし用アタッチメント

 

ニードルアタッチメントは、ミーゼの中で初搭載で先端が細くなっているので、しっかりつまむことができるのがポイントです。

 

もみだしアタッチメントは、顔やデコルテ用なのでうまく使い分けることでいろんな部位のケアに使うことができるということですね!

 

3:お風呂で使える防水性能

ミーゼニードルヘッドスパリフトは、お風呂でも使うことのできるIPX7相当の防水仕様になっていますよ。

 

これは、水深1mに30分間沈んでいても内部に浸水しないレベルなので、長風呂の方は注意が必要だけど、滑って湯船の中に落としたくらいでが問題ないので、ゆったりしながらケアすることができるのです。

 

とはいっても、機械ものであることには違いないので、滑って落としてしまうと故障の原因になるので、お風呂で塗れた手で使うときには気を付けてくださいね。

 

4:3Dラウンドフォームで刺激

ミーゼニードルヘッドスパリフトでは、ブラシがラウンド状に配置されているというのもポイントです。

 

この独特な配置にすることで、360度あらゆる方向から刺激することができるのです。

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトの使い方や使用時間の目安

ミーゼニードルヘッドスパリフトは使い方もとっても簡単ですよ。

 

充電してから、電源ボタンを押して頭皮でも顔でもゆっくり滑らせるように動かしていくことです。

 

また、頭皮ケアで使うときには生え際から頭頂部に向かってゆっくりと動かしていきましょう。

 

注意点としては目元や鎖骨の上など使うことができないところもあるので、まずは取扱説明書をしっかり読んでから正しく使うようにしてくださいね。

 

使用時間の目安ですが、1回あたり約5分ほどで1日20分までとメーカー公式サイトでありました。

顔に使う場合も、顔全体で5分以内にしましょう。

 

こういった器具はたくさん使えばいいというものでもないので、使用時間はしっかり守りながら使いたいですね。

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトと従来品の違いを比較

ミーゼニードルヘッドスパリフトMS-31とは別に、従来品のMS-30というタイプも通販で取り扱いがあります。

そこでどっちを買うのがおすすめなのか、その仕様を比較して違いを調べてみました。

ニードルヘッドスパリフト
MS-31
ヘッドスパリフト
MS-30
サイズ(約) W97×D105×H103㎜ W97×D103×H105㎜
重さ(約9 287g 287g
アタッチメント ・ニードルアタッチメント
・揉みだしアタッチメント
・ヘッド用アタッチメント
・フェイス用アタッチメント
振動数 最大57,600回/分 最大57,600回/分
回転数(約) LO:130回転
MID:160回転
HI:200回転
LO:130回転
MID:160回転
HI:200回転
防水仕様 IPX7 IPX7
充電時間 約3時間 約3時間
連続動作時間 約20分 約20分

 

このように本体サイズや重さ、防水についてはどちらもほぼ同じです。

 

大きな違いはアタッチメントですね。

 

従来品でも頭皮とフェイス用に分かれていました。

 

でも、ニードルヘッドスパリフトのほうが、先がとがったような形状になっているので、従来品およりも強く感じるようになっているということですね。

 

なので、選び方としては、

頭皮への刺激は強い方がいい⇒ニードルヘッドスパリフト
刺激は少なく使いたい⇒従来モデル

という感じでいいかな?と思います。

 

従来品のミーゼヘッドスパリフトの口コミが気になる方は下記記事もどうぞ⇩

 

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトの類似品も調査

ミーゼニードルヘッドスパリフトのように、お風呂でも使える似たような類似品は他にもありますよ。

 

ここではいくつか類似品についても調査してみました!

 

ビノアスヘッドスパマシン

こちらも以前に通販番組で紹介された、軽量設計で腕への負担が少なく、同じようにニードル突起のアタッチメントがあるのが特徴ですよ。

といってもアタッチメントはこれだけなので、ミーゼと比べると使える部位が限られてしまいますが・・・。

 

でも、防水レベルはIPX7と高く、10分のオートオフ機能があります。

1分間で最大8,600回という高速刺激で頭皮と筋肉にアプローチすることができますよ。

 

 

LHスカルプヘッドスパプラス

アートネイチャーから発売されてるLHスカルプヘッドスパプラス。

フェイス用と頭皮用の2つのアタッチメントを付け替えることで広範囲のケアに使うことができます。

 

アートネイチャー独自技術も搭載していて、54本の突起に、最大57,000回というローリング刺激でケアすることが可能です。

IPX7相当の防水レベルと3つのモードで効果的に使うことができますよ。

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトの欠点やデメリット

ヤーマンのミーゼニードルヘッドスパリフトですが、欠点やデメリットもあるので、しっかり納得したうえで判断する必要があります。

 

✅強く押し付けると安全機能でストップする
✅アタッチメントは取り外して洗う手間がある
✅揉みだし機能の感じ方には個人差がある

 

従来品や類似品でもあるけど、かゆいからといって強く押し付けると安全機能が働くことでストップしてしまうので注意が必要です。

 

また、清潔に使うためには使った後のお手入れも必要ですよ。

アタッチメントは簡単に取り外すことができるとはいえ、毎回掃除するのが面倒に感じる人もいるかもしれませんね。

 

でも、防水性能は高いのでシャワーでアタッチメントも洗い流すことができるから清潔に使いやすいというメリットもありますからね。

 

ミーゼニードルヘッドスパリフトのお得な通販販売店は?

さいごに、「ミーゼニードルヘッドスパリフト」の通販販売店とその価格を調べてみました。

※すべて2022年9月25日現在の税込み価格です。

●楽天市場:19,800円(送料無料)
●Amazon:19,800円(送料無料)
●Yahoo!:19,800円(送料無料)

このようにどこで買っても同じですね。

 

あとは各サイトで開催してるポイント増量やセールのタイミングで買うのがおすすめですよ^^

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。