『ライフフィットトレーナー 2WAY』の特徴や使い方・口コミ・評判・販売店まとめ

振動マシン

ライフフィットトレーナー 2WAY』は、椅子が取り付けられるようになったことで座りながらもぶるぶるエクササイズができるようになった振動マシンです。

従来品の「ライフフィットトレーナー」の改良版で、累計10万台を突破したというぶるぶるマシンの最新モデルっで、テレビでも紹介されて人気が高まっています。

振動マシンというと、普通は立って使うものが多いのですが、こちらは椅子を取り付ければ座りながらも使うことができるので、安全性も高く座ることでヒップや腰まわりを重点的に刺激できるというメリットも!!

運動不足の人やお年寄りにもやさしい仕様ですね。

 

そこでこのページでは、『ライフフィットトレーナー 2WAY』の特徴性能・使い方から、実際に使ってみたリアルな口コミ評判販売店情報などまで詳しくまとめてご紹介したいと思います。

10万台突破のぶるぶる振動マシンに興味がある方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

『ライフフィットトレーナー 2WAY』の特徴や性能

まずは、大人気の『ライフフィットトレーナー 2WAY』の特徴や性能などについてから詳しくご紹介していきます。

あなたが考えてる使い方ができるのか?というところの参考にしてみてください。

 

専用のイスが付いてくる

ライフフィットトレーナー 2WAY』が他の振動マシンと大きく異なる一番の特徴は、専用椅子があるということです。

最初にお話したように、振動マシンといえば本体の上で立ったりして使うのが一般的ですよね?

ですが『ライフフィットトレーナー 2WAY』なら、同じように立って使うことも専用椅子を付けることで座って使うこともできる2WAY使用になっているのです。

 

本体の上に座ることで、ヒップや太もも、ウエスト周りを効果的に刺激することができるし、座って使える分転倒するリスクもないので安全委運動することができます

もちろん、一般的な人気の振動マシンも本体の上に直接座ってトレーニングする運動方法もできるのですが、本体表面が硬かったりするので、おしりが痛くなったり、振動が強すぎて背筋を痛めてしまうという人もいるほどです。

 

ライフフィットトレーナー 2WAY』は、そんな座って使いたい!という人のための振動マシンといえますね。

ちなみに、旧バージョンの「ライフフィットトレーナー」は椅子がないので、他の振動マシンと同様に使うしかなかったので、購入者の意見をしっかり取り入れてくれるメーカーですよね。

 

1分間の振動回数は?

ライフフィットトレーナー 2WAY』も振動マシンですから、1分間にどれくらいの振動回数があるのかも大切です。

そこで調べてみると、最大660回/分となっています。

旧バージョンは1分間で最大455回でしたから、最新モデルになったことで、およそ1.5倍になっているというのが特徴です。

これだけの振動数があれば、ながら運動でも、バランス運動や有酸素運動、筋トレ効果も期待することができます。

 

振動マシンに乗ることで、血行が良くなるとされているので、むくみの改善効果などが期待できるのもうれしいポイントですね。

 

細かい速度調整ができる

振動マシンは使う人の筋力や目的も異なるので、速度調整機能はとても重要です。

細かく設定できるほど、いろんな人に対応することができる使い方が可能となるからです。

 

ライフフィットトレーナー 2WAY』は、1~32までで細かく設定することができます

レベルと振動回数は連動していて、レベル1なら1分で420回、レベル10で1分間に489回、そして、Maxのレベル32にすることで最高振動回数の660回/分となります。

レベルを1上げるごとに、約8回ほど振動回数が増えていきますので、振動マシンが初めてという人は、まずはレベル1からお好みの強さを探してみましょう。

 

5つのプログラムモードを搭載

ライフフィットトレーナー 2WAY』には、5つのプログラムモードが搭載されています。

どれも19分間の自動運転で、目的に合わせた運動をすることができるようになります。

それぞれのモードについても調べてみました。

 

モード1

最初の5分間でレベル1~17まで少しずつレベルを上げていき、その後4分をかけて徐々にレベルを下げていきます。最後の1分間でレベル5まで高めてオートモードは終了します。

 

モード2

最初の5分間でレベル1~20まで少しずつレベルを強めていき、そこから4分間という時間をかけてゆっくりレベルを4まで下げていきます。最後1分でレベル8まで強くなりオートモードが完了!

 

モード3

最初の5分でレベル1~27までを少しずつ上げていき、そこから4分間で振動レベルを3までじっくりと下げていきます。ラスト1分で振動マシン9まで上げてモードが終了します。

 

モード4

ここまでのモードとは異なり、わずか1分で振動レベルを15まで上げ、また1分をかけてレベル5まで弱める動きをします。

これを繰り返すことで負荷を高めたトレーニングをすることができます。

 

モード5

もっともトレーニングに適したモードです。

スタートから1分でレベル25まで一気に強くしたら、また1分間でレベル10まで下げていきます。この動きを10分間繰り返していくことで激しい運動効果が期待できます。

 

説明では、モード1~3を「トレーニング」、モード4~5を「リズム」というように紹介されています。

どのモードも強弱のある分単位で切り替えることで、運動効果を効果的に行えるようになってるのが特徴です。

 

付属ゴムは長さ調節ができる!

振動マシンの中には付属品でストレッチゴムが付いてくるものもありますが、基本的に長さは統一されていますよね。

これでは、使う人によっては「長さが足りない・長すぎる」というように感じるかもしれません。

 

ところがこちらは、65㎝~105㎝の間で長さ調整をすることができるようになっています。

身長差で使いにくく感じることもないですし、座って使うときにも短くすることで使用することができるようになっています。

 

本体と椅子のサイズ

本体:約幅52.5cm×奥行33cm×厚さ12.5cm
椅子:約幅50cm×奥行21cm×厚さ13cm

本体サイズは、横幅もそれなりにあるので、立った状態なら脚を広げることもできますね。

椅子の大きさも十分ありますので、座ったときの安定感もバッチリです。

 

また、専用椅子には両サイドに持ち手があるので、より安定した姿勢でトレーニングができるし、持つことで腕から肩にかけても振動を伝えることができるので、より幅広い範囲をトレーニングすることもできます。

 

本体の「重さ」と「耐荷重」

振動マシンを買うときに必ず確認しておきたいのが、本体の重さと体重制限です。

重すぎると、置き場所によっては床が抜けてしまうという話を聞いたこともありますからね。

重さ(約):本体(9.3kg)、椅子(0.9kg)

となっているので、椅子をセットした状態でもおよそ10キロほどと、振動マシンの中では一般的な重さですね。

 

体重制限については、

耐荷重(約):90kg

となっているので、90kg以上の方は使用することができません。

ただ、この耐荷重も他の振動マシンと比較しても平均クラスですので、とくに問題になることはありません。

 

その他仕様

●セット内容:本体・椅子・リモコン(単4電池2個使用・別売)・ストレッチゴム×2・電源ケーブル

●消費電力:90W

●電源コード(約):1.8m

●タイマー機能:あり(10分オフタイマー付き)

●製造国:中国

 

『ライフフィットトレーナー 2WAY』の乗り方・効果的な使い方

ここからは、『ライフフィットトレーナー 2WAY』の乗り方や効果的な使い方についても調べてみましたので、ご紹介していきます。

 

足の乗せ方

【左右平行にする】

標準的な乗せ方です。

 

【内股にする】

身体の外側に負荷をかけたいときにおすすめ。

 

【外股にする】

身体の内側に負荷をかけたいときにおすすめの乗り方。

 

【脚を右・左向きに統一する(身体も足と同じ方向に)】

体幹を鍛えたいときにおすすめ。

 

椅子なしでの効果的な使い方

【立直】

腹筋やヒップのエクササイズにおすすめで、付属のバンドを使うことで二の腕や肩も同時にトレーニングができます。

ポイントとしては、両足に力を込めて、膝は少し曲げるようにします。

 

【両手付き】

本体の前で両膝をつき、両手をマシン本体の上に乗せることで、空回りのにラックスや二の腕のエクササイズに効果的です。

ただし、この方法は頭や心臓への負担が大きくなってしまうので、振動レベルは低くして行うのがポイントです。

バランスをとるようにお腹周りに力を入れることで、腹筋も刺激できます。

 

【両足乗せ】

椅子やソファに座り、本体の上に両足を乗せることで、脚のエクササイズやむくみなどの改善に効果的です。

効果的に使うポイントは、座ってるときも背すじはピンと伸ばして座ることです。

 

【足曲げ乗せ】

本体の前の床に直接座り、膝を曲げた状態で両足を本体の上に乗せます。

すると、下腿のエクササイズに効果的なエクササイズができます。

ポイントは、両手を後ろ側の地面にしっかりつけて身体を支えることです。

 

椅子ありの効果的な使い方・乗り方

専用椅子を使うことで、安定した姿勢でのエクササイズができるようになります。

【両手持ち】

椅子に座った状態で左右にあるハンドルをしっかりと握ります。

脚・ヒップ・腰・肩のエクササイズが同時に行うことができます。

ポイントは、背すじをしっかり伸ばして、両手でしっかりとハンドル部分を握りながらバランスを保つことです。

 

【両足乗せ】

椅子の上に、ふくらはぎ部分を乗せて、両手でバランスを保つようにします。

 

【両足上げ】

本体に座り、両足を伸ばして床から離すことで、腰部やお尻、肩のエクササイズに効果的なトレーニングができます。

ポイントは、両足をしっかり伸ばして浮かすことです。両手でしっかりとハンドル部分を掴んで体を支えるようにしましょう。

 

【仰向け】

本体の前で、仰向けになった状態で、ふくらはぎの下に振動マシン本体がくるようにセットします。

脚のエクササイズが寝ながらできるので、安全性も高い使い方の1つです。

 

『ライフフィットトレーナー 2WAY』の効果は?口コミ・評判・評価

販売ページを見てみると、4週間のダイエットチャレンジでモニターの方が実際にチャレンジしているのですが、

●44歳女性:体重56.7kg⇒51.3kg、体脂肪率31.5%⇒20.9%

●52歳女性:体重52.8kg⇒49.2kg、体脂肪率25.5%⇒20.6%

●54歳女性:体重66.3kg⇒60.7kg、体脂肪率33%⇒27%

個人差はあるものの、1日20分乗ってるだけでこのような効果があるというのはちょっと信用できないので、実際の使ってみたリアルな口コミ評価についても独自に調べてみました。

 

良い口コミ・レビューやメリットは?

●60代男性

首が委託で仕方がなかったのですが、こちらを座って使ってみったところ、なんとなくですが首の痛みが和らぎました。

●疲れてるときでも座って使えるので、これなら続けられそうです。音についても思ったほどではなかったのも嬉しいです。
●60代女性

全身をマッサージされているようでとても快適です。歳をかさねていくほどに無理な運動ができなくなるけど、これなら安心して使えるしバランスも保つことができそうです。

●50代女性

振動回数のわりにかなりブルブルと振動が感じます。使うと全身がほぐされていく感じでマッサージ効果も高いです。運動効果もあるので楽しく続けられそうです。

●50代女性

アパートなので音が心配でしたが、P1モードは静かなので安心して使えます。

●40代男性

大きさも気になるほどではないですし、座って使えるのがポイントで購入。リビングで使っていますが、音も静かなのでテレビを見ながらでも使うことができます。

このように高評価な口コミが多くありました。

振動回数のわりにパワーを感じるのは座ることで振動がより伝わりやすくなっているからかな?

音は思ったよりも静かというような意見が多かったので、これなら安心して使うことができますね。

 

でも、悪い口コミも気になりますよね~?

悪い口コミ・レビューやデメリットは?

●約1週間ほど毎日使っていますが、体重にあまり変化が感じません。体は少し引き締まった感じもあるけど、本当にモニターのような効果が出るかは怪しい感じ。
●トレーニング目的で買ったけど、どちらかというとほぐされてる感じが強い気がします。もう少しパワーが欲しい。

低評価な口コミは少ないですが、このような意見もありました。

 

今回いろいろと調べてみましたが、モニターのような効果を出しているという声は見つけることができませんでした

実際、モニターの方は4週間の間1日2回、合計20分を直立&ストレッチゴムをしようしていて、かつ使用モードもマニュアルでMAXの32にしているということでした。

 

ダイエット効果を期待するのはちょっと難しそうですが、座っても使えるので長く続けやすいという声も多かったので、地道に続けるのが大切です。

また、普段から運動などをしていてトレーニング目的でという人には、少し物足りなさを感じる方もいるようです。

\最新の口コミも気になるあなたはこちらをどうぞ/

>>ライフフィットトレーナー 2WAYのその他口コミはこちら「楽天」

 

『ライフフィットトレーナー 2WAY』の通販販売店情報!

ライフフィットトレーナー 2WAY』は、通販サイトで購入することができます。

ちなみに、メーカー希望小売価格は、税込64,780円となっていますが、ショップによっては税込29,800円で販売されているところもあります(記事作成時)

いつまでこの価格で購入できるのか分かりませんので、興味がある方は早めにチェックしておくのがおすすめです。

 

まとめ

今回ご紹介してきた『ライフフィットトレーナー 2WAY』振動マシンは、他と大きく異なる点といえばやっぱり専用椅子があることでしょう。

外せば立った状態で普通の振動マシンのように使うことができますし、疲れたり高齢で転んでしまいそうという不安がある人は、椅子をセットすることで安定感もアップして安心して使うことができます。

どちらでも、様々な乗り方・使い方にも対応していますので、ぜひチェックしてみてくださいね^^

 

 

座って使える健康器具に興味がある人は、こんな記事も読んでます

■ウェーブスライダーパワーXは効果なし?口コミ評判と使い方を調べてみた

■骨盤スリムチェアDXの効果と口コミ評判を調べてみた!使い方や通販店

■ゆらこは効果ない?購入した人のリアルな口コミ評判と効果的な使い方

■「ボディシェイカーチェア+3D」の効果は?口コミ評判や使い方・販売店を調べてみた