スタイリーボールに効果ない?口コミや使い方を調べて分かったこと!

振動マシン・トレーニング器具
[広告]

東急スポーツオアシスから発売されてる振動マシン『スタイリーボール』ですが、効果ないのか、使い方や口コミなど調べて分かったことをまとめてみます。

 

同じメーカーからは、内ももに挟んで同じように使うシェイプツインボールという製品もあるので、どっちがいいのかも比較検証してみましたよ!

おうち時間が増えたことで、自宅でできるエクササイズや振動マシンに興味がある方の参考になれば嬉しいです。

 

 

スタイリーボールの口コミと評判

まずは、実際にスタイリーボールを使ってみた方のリアルな口コミから見ていきます。

 

と思ったのですが、新製品のため参考になるような口コミはまだありませんでした。

口コミがふえてきましたら、あらためてご紹介させていただきます。

 

スタイリーボールの効果や特徴は?

スタイリーボールの効果や特徴をまずは簡単にまとめてみます。

・短時間から使える
・内転筋トレーニングに
・ストレッチサポートカバーで背中や腰にも
・充電式でどこでも使える
・選べるカラー

それぞれもう少し具体的にみていきますね。

 

短時間から使える

スタイリーボールのメリットは、1回1分~3分という短い時間からでもOKということです。

 

エクササイズも長く続ける必要があると、忙しい時や面倒に感じて続けられなくなることもありますよね。

でも、こういったものは継続しないと効果も何もありません。

 

スタイリーボールならそのパワフルな振動のおかげで短時間から使うことができるのです。

振動レベルも5段階調節することができるので、使い人のレベルや目的に合わせた強さでエクササイズに使えますよ。

 

振動回数の目安

・レベル1:約1,800回/分
・レベル2:約2,200回/分
・レベル3:約2,600回/分
・レベル4:約3,000回/分
・レベル5:約3,500回/分

 

内転筋トレーニングに

スタイリーボールは、基本的には内ももで挟んで電源を入れることで、ぶるぶるエクササイズをするという振動マシンです。

 

太ももの内側の内転筋を鍛えることができるアイテムですね。

 

内転筋は正しい歩行や姿勢を保つための重要な筋肉といわれているのです。

内転筋が衰えてしまうと、つまづきやすくなったり、階段の上り下りがツラくなった李、さらにトイレのお悩みなどまで・・・。

 

内転筋を鍛えるのはスクワットが有効といわれてるけど、正しい姿勢のスクワットは膝や腰への負担が大きくて何よりもツラいですよね。

 

でも、スタイリーボールなら、はさむだけで1分間に最大3500回のパワフルな振動で内転筋を鍛えることができるのです。

 

ストレッチサポートカバーで背中や腰にも

スタイリーボールには、付属品にサポートカバーというものがあります。

 

これを使うことで、背中や腰、お尻など手で持ってるだけでは届きにくい部位にもあてやすくなるのです。

 

振動マシンは床に置いてその上に寝転んでも、腰や背中に当てることはできるけれど、この方法だと床への振動音がかなりやばいことになりますからね。

でも、サポートカバーに本体を入れてしまえば、床に触れることがないまま腰や背中に使えるから、振動対策をしながらケアすることもできるというメリットもありますね!

 

充電式でどこでも使える

スタイリーボールは、持ち運びやすく使いやすいコードレスの充電式を採用していますよ。

充電しておけば、どこでも使うことができるし、有線タイプでもないからコードが絡まったりと邪魔に感じることもないのです。

 

約3時間ほどでフル充電することができるし、MAXレベルの5でも2時間も最大で使うことができるから、小まめな充電をしなくてもいいのも助かりますね。

1回の使用時間の目安が1分~3分ですからね。

 

選べるカラー

スタイリーボールは、本体カラーは2色展開されていますよ。

・ネイビー
・レッド

好きな色を選ぶことができます。

 

スタイリーボールの使い方

スタイリーボールは、とっても使い方が簡単ですよ。

 

使い方

1:充電する

2:「電源/振動」ボタンを長押してスイッチオン

3:「電源/振動」ボタンを短押ししてレベル調節

4:太ももで1~3分間挟む

5:「電源/振動」ボタンを長押しでOFF

 

というような流れになっています。

 

ちなみに太ももで挟むときには、立ちながらはもちろんだけど、椅子やソファなどに座りながらでもOKということです。

背中や腰にあてたいときには、付属のサポートカバーに本体を入れて当てるようにしましょう!

 

スタイリーボールの欠点やデメリット

スタイリーボールの欠点やデメリットをまとめておきます。

 

・床に置いて使うと振動音が大きい

・ボードタイプのように乗ったりしては使えない

 

振動マシンといってもいろいろあるけど、ボードタイプの用のマシンのうえにのったりすわってつかうようなものではありません。

また、床に置くと、そのパワフルな振動や音でまわりに迷惑をかけてしまうかも。

使い方にも気をつけたいですね。

 

スタイリーボールのとシェイプツインボールなど類似品と比較

東急スポーツオアシスからは、同じように使えるシェイプツインボールという製品がスタイリーボールの前に発売されています。

この類似品との違いについて比較して調べていきますね。

スタイリーボール シェイプツインボール
サイズ 直径最大10㎝~最小8㎝ 直径9×長さ19㎝
重さ 約345g 約800g
見た目 真ん中が凹んだリンゴのような形 ピーナッツのようなデザイン
振動回数 ・レベル1:約1,800回/分
・レベル2:約2,200回/分
・レベル3:約2,600回/分
・レベル4:約3,000回/分
・レベル5:約3,500回/分
・レベル1:約2,000回/分
・レベル2:約2,500回/分
・レベル3:約3,000回/分
・レベル4:約3,500回/分
・レベル5:約4,000回/分
充電時間 約3時間 約3時間
動作時間
※レベル5
約2時間 約3.5時間
自動オフ なし あり
定価 14,800円(税込) 14,800円(税込)

 

シェイプツインボール

こちらはこれまでにも通販番組で紹介してるピーナッツ型で可愛いデザインになってるのがポイントです。

価格はスタイリーボールと同じですが、振動の強さは各レベル共にシェイプツインボールのほうが高くパワフルに使うことができますね。

 

また、自動オフ機能も完備してるので、切り忘れ防止にも。

大きさがある分、シェイプツインボールのほうが重さもあります。

リアルな口コミなどは下記記事をどうぞ⇩

 

スタイリーボール

リンゴを両サイドからすこしかじったようなデザインをしてるので、太ももでもはさみやすいデザインになっていますね。

シェイプツインボールよりもさらにコンパクトで軽量化されているので、手でもったり、サポートカバーで背中や腰のケアに使いたいときにはこっちのほうが使い勝手がいいかも。

 

ただ、振動数はやや抑えられてるので、ひとによってはパワーに物足りなさを感じるかも。

 

スタイリーボールの通販販売店と価格

さいごに、『スタイリーボール』の通販販売店とその価格について調べてみました。

※すべて2022年9月9日現在の税込み価格です。

●楽天市場:14800円(送料無料)
●Amazon :14800円(送料無料)
●Yahoo! :14800円(送料無料)

 

このようにどこで買っても同じです。

楽天やYahoo!はポイントももらえるからオトクです。

 

 

■内転筋エクササイズができるアイテムの関連記事:

ジェットスリムボディMAXの効果は?口コミや使い方と旧モデルとの違いや動作音は?
ジェットスリムボディMAXは、ディノス特番やノンストップの「いいものプレミアム」でも紹介された人気の振動マシンです。でも本当に効果があるのかちょっと怪しく感じてしまいますよね。そこで特徴や口コミ評・効果・使い方・旧モデルとの違いや音などについて詳しく調べてみました。これから購入を検討してる方もぜひ参考にしてくださいね。
グッドシェイプボーテに痩せる効果や口コミは?使い方や類似品と違いも比較!
日テレポシュレで紹介された振動+EMSマシン『グッドシェイプボーテ』に痩せる効果があるのかやリアルなクチコミ、使い方などをまとめてみました! 内転筋をエクササイズは下半身を引き締めたい!という人に人気がありますよね。 で...
キュット座シェイクの口コミや効果は?使い方やデメリットと通販販売店も
日テレポシュレや行列のできる芸能人通販王決定戦で紹介されたトレーニング器具『キュット座シェイク』のリルな口コミや効果と、使い方やデメリットなどをまとめていきます。 保阪尚希さんが監修したという在宅ワークなどで運動不足に...