足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの口コミや効果と最安値は?フットフィットとの違いも

EMS器具

フジテレビの通販番組で紹介された『足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネス』のリアルな口コミや効果、デメリットなどをまとめてみます!

外出することもへって運動不足になっていたりしても、まだまだ外に出て運動するのは難しいですよね。

でも、この「レグネス」は足をのせることで勝手に筋トレすることができるという嬉しいアイテムなのです。

でも同じような器具では『シックスパッドフットフィット』も人気があります。

 

このページでは、レグネスの特徴や口コミのほか、フットフィットとの違いについても徹底調査してご紹介します!

足のむくみや運動不足などに悩んでるという方にも、参考になれば嬉しいです。

 

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスのメーカーは?

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの販売元は、『クルールラボ』です。

これまでにもボディやフェイス用の美容機器をいろいろと販売してきている会社です。

 

企画から開発、組み立て、品質管理、梱包出荷まで、すべてを国内で一貫作業しているこだわりの日本製というのも安心感がありますね。

 

当ブログでもこちらのメーカーの製品の口コミなどをいくつかまとめていますので、お時間のある際にチェックしてみてくださいね。

 

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの特徴や効果は?

『足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネス』は、温感+EMS+フィットネスのトリプル効果で、足をのせるだけで楽に筋トレをすることができるというマシンです。

 

その特徴や効果を簡単にまとめてみると、

✔15分足をのせるだけで歩行に大切な4つの筋肉を鍛える
✔リフレッシュ効果も
✔ゲルパッドなどの消耗品なしでコスパもよい

ここからは、それぞれもっと詳しく解説してみます。

 

15分足をのせるだけで歩行に大切な4つの筋肉を鍛える

「レグネス」は、足の筋肉が弱った高齢の方や運動不足の方のお悩みに着目して、家に居ながら効率的にケアできるように、フィットネス理論+電気刺激の筋肉運動を融合させて開発されています。

そして、歩行に大切だとされている4つの筋肉にアプローチすることができるように設計されてるのです!

●足底筋群
●前脛骨筋
●後脛骨筋
●腓腹筋

足の筋肉は健康を維持するためにも大切で、EMSで筋肉の収縮状態を利用してトレーニングができるというメリットも。

 

足の筋肉が低下してくると、バランスを崩したり、つまづきやすくなったりすいて転びやすくなることも。

足の筋肉を鍛えるには、地味でハードな運動なども必要になりますが、つらいものほど続けるのも難しいです・・・。

 

でも、レグネスなら、1回15分マシンの上に足をのせることで、EMSの電気刺激で足裏からふくらはぎの筋肉を鍛えることができるのです。

とくにふくらはぎは、「第二の心臓」とも言われるほど大切で、血の巡りをよくする働きがあるのです。

血流が良くなれば老廃物も押し流されるので、むくみや冷え性などにも効果が期待できますね!

 

そんなレグネスには、2種類のモードが搭載されています。

FOOTモード
11のプログラムが鍛えにくい足裏の筋肉を中心に心地よい刺激を与えて鍛える
LEGモード
20の多彩なプログラムで、足首・前すね・ふくらはぎを中心に脚全体を刺激してトレーニング

EMSの強さも15段階から調整することができるので、EMSが苦手という方も、好みの強さで使えるので、その日の体調や気分によって変えられるというのもうれしいポイントですね。

 

レグネスにはリフレッシュ効果も

パソコン作業などで、長時間同じ姿勢をしていると、筋肉が緊張したままになってしまいます。

すると、血行不良や疲れとなり腰痛の原因にも・・・。

そのため、長く同じ姿勢で作業をしている人は、定期的なストレッチなどをすることが大切です。

 

「レグネス」は、EMS機能はもちろん、温感機能も搭載されています。

運動+ヒーターが同時に使用することができるので、指先までしっかりとあたたまることで、リフレッシュ効果も期待できます。

 

寒い冬はもちろんですが、エアコンの冷房で冷えた指先などもポカポカ温まるので、寝る前のリラックスタイムに使ったりするのもおすすめ!

※ヒートモードのみも使うことができるので、冬の足元の冷え対策にも。

 

ゲルパッドなどの消耗品なしでコスパもよい

EMSマシンは、微弱な電気を流すため多くの製品はゲルパッドなど、定期的に購入していく必要があるので、これが理由で使い続けるのをあきらめてしまう人も。

 

でも、スリムパッド「レグネス」には専用のゲルパッドはありません。

本体に電導性シリコンを使っているので、消耗品のゲルパッドなどは必要ないので、コスパも高いのです。

ゲルなどを使わずに使うことができるので、お手入れもしやすいというメリットも♪

 

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの口コミ

ここからは、実際に足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスを購入して使ってみた方の口コミを見ていきます。

 

このレグネスを使用してから足をつる回数が減りました。

出典元:レグネスレビュー「Yahoo!ショッピング」

 

運動不足になると、夜寝ているときに足がつる・・・ということもありますよね。

でも、レグネスを使って足裏からふくらはぎの筋肉を鍛えることで、血流もよくなるためか、つりにくくなったと効果を実感している人もいます。

 

まだ口コミは少ないですが、ディノスでも同じような効果を実感する口コミもあるので、しっかり筋肉を刺激することができるみたいですね!

またマシンのメリットは、左右を均等に鍛えることができるので、バランスよく鍛えられるというのもうれしいポイントです。

 

レグネスとシックスパッドフットフィットの違いを比較

足裏用のEMSマシンといえば『シックスパッドフットフィット』も人気があります。

そこで、足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスとの違いについても表にしてまとめて比較していきます!

スリムパッド レグネス シックスパッドフットフィット
サイズ 約横31.6×縦36×高さ5.1cm 約33.5×32.9×8.2cm
重さ 約1.4㎏ 約1.3㎏
耐荷重 100㎏ 120㎏※1
使用時間 1回15分 1回23分
充電時間 約2時間半で40回ほど使える 乾電池式(単3アルカリ乾電池を4本)
モード ・FOOTモード
・LEGモード
・ヒーターモード
・トレーニングプログラム
消耗品 なし なし
メーカー希望価格 44,000円(税込) 40,480円(税込)

※1耐荷重は高いですが、体重計のように上に立つことはできません。

 

シックスパッドフットフィット:

あのsixpadブランドから発売されてる大人気の「フットフィット」。

今でも通販では大人気で、ボタンが2つしかないので、操作に迷ったりすることはありません。

 

独自のトレーニングプログラム(約23分)だけなので、テレビを観ながら足裏やふくらはぎを鍛えることも。

本体が前後に傾くようにもなっているのですが、これは通電時に足の動きに合わせて本体が前後に追従し、傾く構造でトレーニングをサポート!

もちろん、ロックして固定して使うこともできます。

 

\シックスパッドフットフィットを販売店で見てみる/

 

 

スリムパッド レグネス

スリムパッド「レグネス」は最新のEMSで、温感機能も搭載しているというのがフットフィット都の大きな違いの1つです。

凝り固まった筋肉はあたためることでほぐす効果も期待できるので、EMSとのダブル効果でより効率よく使えるのがメリット。

 

足裏をメインで鍛えられる「FOOTモード」や、ふくらはぎや足首などをメインに脚全体をトレーニングできる「LEGモード」と、それぞれ部位ごとにあったモードを搭載しているのもうれしいポイントですね。

 

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの最安値は?価格調査!

足元EMSトレーニング(スリムパッド)レグネスの通販販売店とその価格についても調べてみました。

※2021年7月時点の税込み価格です。

●クルールラボ公式楽天市場:なし
●Amazon         :なし
●Yahoo!(ベルメゾン)   :37,400円(送料無料)

調べた時点ではAmazonではまだ取り扱いがなく、Yahoo!がお得な価格になっていました。

 

\スリムパッド「レグネス」を販売店で見てみる/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

もっと薄い「EMSシート」がルルドスタイルより登場して、こちらもメディアで紹介されるほど話題になっています。

⇩⇩⇩

 

EMSに「振動」機能が追加された、よりトレーニング機能が充実のこちらのブルブルマシンも人気があります!
⇩ ⇩ ⇩